自己紹介文

food stylist hanaco

1974年 長崎県生まれ
16歳からの7年間をアメリカ・ニューヨーク、ロスアンジェルスで過ごし、カリフォルニア州立大学ロスアンジェルス校(UCLA)卒業を機に帰国。
通信業界にて国際間におけるコーディネーター、エンターテインメント業界でのイベントプロデューサーを経て、フード業界へ転身することを決意。
2001年度から赤坂カフェ・ド・スクール、赤坂和風料理スクールに入学。
スクール卒業後は沖縄にて琉球料理を勉強し、その後ブラジルへ料理修行、キプロスへ菓子修行を敢行。
帰国後は南青山のフレンチレストラン“Radio”にて料理アシスタントを務め、2005年度にフリーランスのフードスタイリストとして独立。

フードスタイリストとは “食に関する何でも屋”と自ら定義付け、レストランプロデュース、メニュー開発、フードライター、料理講師など幅広く活動。
食と語学のコラボも実現させたいと食関係の英語通訳、翻訳、英語にて料理も教える。
ベジタブル&フルーツジュニアマイスター。

雑誌:ブンバ(ブラジル) 「タピオカの世界」
サイト:Moreぐるなび 「フードスタイリストhanaが行く」シリーズ などでも活躍。