« すてきなキリン | トップページ | スペインのセレぶー »

ニクショク獣からの脱出

そういえば私は高校2年生の夏まで完璧な肉食獣でした。

野菜も食べるけど、お肉大好き。肉肉しい日々を送る女子高生稲井華子16歳。

そんな私が親の策略にまんまとのせられた高2の夏。絶好調に楽しかった長崎県立佐世保北高等学校を離れ、ニューヨーク州立シェナンゴバリーハイスクールへ編入するハメになりました。

肉好きとしてはジャンクフードの聖地"アメリカ"は憧れの国。食生活に対する不安なんてもちろんゼロ。

が、しかし…甘かった。

肉、にく、ニク、二区、二句、二九、毎日が肉。「マックに住み込みで働きたい」願望はどこへやら、一気に"肉"に食傷。肉食獣からの脱出を遂げちゃった。

あれから14年…。

野菜好きな私がオススメするお店が四谷三丁目にあります。

女性が気軽におひとりさまできるお店。小皿ダイニングベジバランスです。オーナーのゆり姉が辛口コメントで優しく迎えてくれるので、ベジ好きの人はぜひ行ってみましょう。

小皿ダイニング VegeBalance
〒160-0004
新宿区四谷三丁目4-8 シャンブル戸張201号
TEL/FAX 03(3358)1080

フードスタイリストを肩書きにしてからは肉食獣と草食動物のバランスが取れるようになりました。

【変えられないのは他人と過去、変えられるのは自分と未来】という言葉を聞いて「なるほどね」と軽くうなずく。

肉肉しかった私も大人になったものです。


« すてきなキリン | トップページ | スペインのセレぶー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99315/3708846

この記事へのトラックバック一覧です: ニクショク獣からの脱出:

« すてきなキリン | トップページ | スペインのセレぶー »