« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

ショクドウとは

ここのところ「風邪だー」、「気管支炎だー」とばたばた騒いでます。

「これはきっとストレスからきてるビョウキだからお散歩にでも行かなくては」

とワケのわからない被害妄想まで抱くようになり、さくっと白金へお散歩へ行ってきました。

とか言って、

本当はおいしいお蕎麦を食べに三合菴へ行きたかったのです。

うどんと蕎麦だったら完璧に蕎麦派のワタシ。日本に戻ってきて間もない頃、浅草在住の友人に並木藪蕎麦を教えてもらい、ざるにはまる。神田在住の友人にまつやを教えてもらい、ごまそばにはまる。ちなみに松屋の前にある竹むらさんの粟ぜんざいステキです。

そして今度は三合菴にはまってみたい症候群。こちらのご主人は1998年まで新宿で吉遊というお店をやってらしたのですが、白金お引越しと同時に名前も三合菴に。でも、吉遊時代から有名でいらしたんですね。キッチリしたお仕事していらっしゃると思います。そして、店構えもキッチリとしていてステキ。

お散歩ついで(?)のランチなので控えめに卵焼きとせいろをオーダー。卵焼きはワンオーダーなのに、2人で行くとちゃんと最初から2人分に切り分けて出してくれます。出汁が多めの高さも低い卵焼き。たっぷりの大根おろしとイタダキマス。下手な甘さがなく、淡白ですが、絶品です。

肝心のお蕎麦もスバラシイ。細めでお蕎麦のプツプツがきれい。つゆをつけずにまず食べてみると、蕎麦の香りが口中に広がります。「こんなに蕎麦って香るものなのね」とオドロキ。蕎麦自体に甘皮が入っているので食感もいい。つゆも辛口でキリッってカンジです。お子ちゃまなワタシにはちょっときつめ。でも、このきつめのつゆにトロトロのそば湯を入れて飲む。このそば湯がまたスバラシイ。お昼間から至福のヒトトキ。

そばを打つご主人もサービスをされる奥様もきびきびと動いていらしてとっても好感が持てます。お店は狭いけど、ステキないい雰囲気。夜はコースがあるので、おいしいお酒を頂きながら、おいしい肴と蕎麦。これもきっと最高。

で、hanaの三合菴の星の数 【★★★★☆】

だってね、卵焼きのはじっこがあたっちゃった。それがちょっとだけ失敗作でパサってたの。

食の道とはムツカシイものなり。

| コメント (3) | トラックバック (0)

フツウのイブクロ

かれこれ2週間ほどイソジンとヴィックスヴェポラップのお世話になっているワタシ。どうやら風邪から気管支炎になったらしく、最近のお気に入りはカンロのキシリCのど飴です。

こんなに長く病気なんてしてるときっと"おかゆ生活"になっちゃうところ。私も最初は病人ちっくに充実野菜とバンホーテンココアにお世話になってました。

そして、突如

「こんな食生活ではいけない!」

となぜかフレンチに走る食いしん坊ばんざいなワタシ。

今回は護国寺にあるパ・マルへ行ってきました。パ・マルってフランス語で「いい感じ」みたいなカンジの意味で、この名前を持つフレンチレストランって結構たくさんあります。きっと一番有名なのは神田のパマルかな。ロクヒルにも2号店を出したいろんな意味ですごいお店です。

でも、今回のパ・マルはゴコクジ、ブンキョウク。文京区で生まれ育った友人は「文京区には東京ドームと東大しかない」なんてかなり自虐的発言をしておりましたが、結構いいお店は存在するのです。

このパ・マルも気取ってないなかなかステキなビストロ。最近のこの暑さにやられてフレンチレストランって閑散としてるんじゃん?と思っていたのですが、お店は満員。予約なしでは入れない状態。

というのも、このお店ってば前菜+メインのプリフィックスでなんと2,300円。四ツ谷にあるビストロの草分け的存在パザパの流れを汲んでいるといえば納得です。とにかくポーションがすごい。ボリュームマンテン。男性向けのパワフルフレンチって感じです。

まずは前菜に大好物の"トリップの煮込み"をオーダー。日本ではよくハチノスとか呼ばれる牛の第2のイブクロです。イタリアでは"トリッパ"と呼ぶので、「ワタシ、トリッパ、トリッパがいい~」って連発してましたが、フレンチでは"トリップ"になるらしい。これも好きじゃないと食べれないくらいのびっくりギョウテンな量。でも、イブクロ好きのワタシは大丈夫。バジルソースがかけてあるので、ちょっと残っていた臭みも気にならずサワヤカにおいしく頂けました。

しかし、初戦からかなりのボリュームにガツンとやられてしまった私。メインはおとなしく"イサキのポワレ"をオーダー。でも、付け合せのラタトウィユのオイルに追撃され撃沈。確かにラタにはかなりのオリーブオイルが入るけど、あれはちょっとすごかったかも。イサキもちょっと臭くて残念。友人達が頼んでいた"牛ほほ肉の煮込み"や"鴨のコンフィ"の方が、ワタシ的には好きでした。

でも、コストパフォーマンス最高。あまり良くないと聞いていたサービスも【味・雰囲気・値段】のトータルからすれば問題なし。お料理のレベルだって普通に美味しい。最近は普通に美味しいレストランが増えてきたので、何かひとつ突出したものがないと…っていうのはありますが。

で、hanaのパ・マルの星の数 【★★★☆☆】

やっぱりフツウにオイシイ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

フシギの国キプロス

キプロス、キプロス、キプロス…

フシギな響きのこの島は東地中海に浮かぶ人口約80万人の小さな国です。

約1年前にこのマイナーな国へわざわざお菓子修行へ行くことになってしまったワタシ。

ちょっとムツカシイ話をしますと、このキプロスという島は1974年以来、北(トルコ系:北キプロストルコ共和国)と南(ギリシャ系・キプロス共和国)に分断されており、なんと世界の紛争地帯に指定されております。

しかしながら、このキプロス島、ヨーロッパ人には「憧れの島」として大人気。紛争地帯に指定されながらもなぜか治安がよく、気候もよく、食べ物もおいしいと3拍子揃ったリゾート地だったりするのです。

キプロスのスペシャリティはチーズとワイン。キプロス名産のコマンダリアというワインは世界最古のワインとされています。ポートワイン、そしてシェリーと並んで世界3大デザートワインだったりするのだ。

キプロス名産のチーズもまたステキ。ハルミという羊乳、もしくは牛乳から造られるこの真っ白なチーズ。一見、お豆腐っぽいのですが、この子ってばスグレモノ。

なんと焼いても溶けないのです!

溶けるどころか、いい感じに焼き色がついてちょっとキツネ色になったぐらいがまたおいしい。

トマトをスライスしてー、レタスも用意してー、ハルミをフライパンで焼いてー、トーストで全部はさんでイタダキマス。

朝から至福のヒトトキ。ステキキプロス生活。

ちなみに都内で唯一ハルミを食すことが出来るグリークレストランSpyro's(スピロス)。私は行ったコトがないのですが、かなりメディア露出してる有名店。ハルミのもっちり感を試したい方はぜひ。

そういえば、アルゼンチンでもプロボレタと呼ばれる焼きチーズを食したことをふと思い出しました。焼いても溶けないチーズって意外と世界中にあるのね。

日本でいう焼いても溶けないチーズって…やっぱりお豆腐?

チーズもいいけど、トーフもね。

三十路に突入すると体のことも気にするようになるんだと実感した今日この頃でした。

| コメント (6) | トラックバック (1)

ディープ中野

前回の静呑居 ときの音をレビューした後に、似たようなお店を思い出しました。

以前、中野坂上にも住み着いていたワタシ。ディープな中野って意外とステキなお店がたくさんあります。

日本に帰ってきたばかりでエセガイジン気取っていた私。ニホンのおいしすぎるチーズケーキにカンドウを覚えたり、でもちょっと学生時代に食べてたベーグルが恋しくなってカイルズおじさんに会いに行ったり。

でも、もっとオトナ味のお店があるんです。

お店の名前は豆柿。中野坂上の駅からすぐ近くにあります。ご主人は以前、フードジャーナリストをやっていらしたらしく、かなりの食通。そしてとってもフレンドリー。いろいろ尋ねると、何でも教えてくれます。

お食事のメニューはおまかせの肴10品で3,900円なり。そして、これにあう純米酒がおいてあります。サスガのセレクションです。食道楽で呑み道楽の稲井憲子(母:現在58歳)を何度か連れて行ったのですが、かなりカンドウしてました。

でも、ここも静呑居 ときの音と同じくお料理のポーションがかなり小さい。胃薬を飲みながら食べ続ける母憲子はちょっと不満そうでありました。でもこだわりの肴ばかりなので、おいしく純米酒を頂きたい人にはタマラナイお店なのです。静呑居 ときの音はお料理のお味にばらつきがありますが(ホウショウ舞似のお姉さん、ゴメンナサイ…)、ここはマチガイナイです。

で、hanaの豆柿の星の数【★★★★☆】

母憲子の胃袋を考慮した星の数でした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ホウショウ OR ホウジョウ?

センジツ、知り合いの方にご紹介頂き、新中野にある静呑居 ときの音というお店にいってきました。

カウンター8席の奥にテーブル1つ(4席ね)というとっても狭いお店。お母さま、そして店主であるお嬢さまが二人で仲良くお店をやっていらっしゃいます。店内はとってもcozyな雰囲気なのですが、すべて店主がコーディネートされたと聞いてオドロキ。

メニューも限りなくシンプルで1,800円と3,800円のコースのみ。1,800円のコースは先付けと籠盛り八寸、そしてもう一品。3,800円のコースになるとそれにお野菜、お魚、お肉料理がプラスされます。

お料理の内容はまさに女性好み。籠盛り八寸はおいしいものをちょっとずつ食べたい女性陣にはぴったり。今回は3,800円のコースを頂いたのですが、そのあとに続くお料理もすべて小ぶり。年齢と共に反比例する食欲を持つ私の男友達諸君をこのお店に連れて行ったらちゃぶ台ひっくり返す勢いで「もっと食べる~」コールを連発するであろうと思われます。

でも私たちは女の子だからいいんだもん。地球上で一番ワガママな女の子というオソロシイ生き物はおいしいお食事とおいしいお酒をちょっとずつ頂ければシアワセなのです。

お店が狭いのでメディア露出を控えているというこのお店。ご興味ある方は探して行ってみて下さい。

静呑居 ときの音
〒164-0011 東京都中野区中央4-2-11 坂商ビルB1
営業時間 6:00PM ~ 11:00PM
定休日 日曜・祝日

店主のお姉さん、とっても美人ちゃんです。周りをぐるりと見渡せばお料理もお店の雰囲気も女性向けなのに、お客様は半分が男性。

そういえば、さっき、

「あちらのお客様からです」

という映画のようなシチュエーションで運ばれてきたものはスナップえんどう。常連の男性の方が実家の畑から今朝収穫したらしい。「いや~、これ無農薬でね~」ってマッチョなお兄さんが熱く語ってくださいました。その他の常連さんも次々に店主にお土産攻撃。私たちもスナップえんどうのおこぼれに預かってはいるのものの、やっぱり美人店主は得なのだ。

そして、帰り際に私の友人が放った一言、

「オーナーのお姉さん、ホウショウマイに似てるよね?」

うっそー。宝生舞を認知してからのこの数年間、彼女の名前ってホウジョウマイだと信じて疑わなかった…。

30歳になってまたひとつ賢くなってしまった初夏の夜でした。

| コメント (2) | トラックバック (1)

門外不出のフルーツ

去年の今頃、私はサンパウロにてブラジリアンな生活を送っていました。

料理修行と称して、なんと3度目の渡ブラ。冬だろうが夏だろうが雨が続くと一気に寒くなる不思議な気候が好き。私がめんどくさくなって英語で話しかけても頑としてポル語で返してくるブラジリアンが好き。そして「あの気候にこのくどさはどうよ」って突っ込みたくなるようなブラジル飯が好き。

そして、フルーツフリークの私はブラジルのフシギ果物が一番好き。

日本で「名前は聞くけど、実際のモノは見たことないぞ」という果物があふれるまさにフルーツの聖地ブラジル。マンゴ、パパイヤ、グアバ、パッションフルーツにスターフルーツ…このあたりは都内のフルーツショップに売ってあったり、沖縄でお目にかかれることもあり。

でも、もっとフシギ果物があるんです。

その名もカジュー

これって、カシューナッツの実の部分なんです。赤いパプリカのような実の上に見たことがある形のヘタがちょこんとついてます。そう、これがヘタではなくてカジューのタネの部分。

で、実の方が食べられなくなるぐらい熟すとちょこんとついているこのタネの中がカシューナッツに変身してしまうのです。びっくりギョウテン。カシューナッツってきっと落花生みたいなアミアミの殻に包まれていると思ってたのに。

カジューの実の部分は甘くて、フワフワ。かなりフシギ食感。お酢やワインに加工されたりもしますが、ブラジル北部に行かない限りはフレッシュなカジューを食べる機会はなかなかないです。残念。

あ、カシューナッツの方は実はマルチビタミン剤。ビタミン、ミネラルの宝庫。脂質は高いけどワルモノの脂肪分ではありません。私がはまっていたフロリダ発祥のsouth beach dietでもナッツは食べてOK!とされています。でも、アメリカ人と日本人の体って外見はもちろん中身も違うので異国の地から輸入されたダイエットがすべて日本人に通用するわけではないのですが…。

とちょっとフードスタイリストっぽいことも言ってみたりして。

カシューナッツをかじりつつ、去り行くゴールデンウィークを惜しむ今日この頃でした。

| コメント (1) | トラックバック (0)

やっぱりワラビー

どこへ行っても人だかりのこの時期に、何を血迷ったか鎌倉へ行ってきました。

右を見ても、左を見ても人、ひと、ヒト…。そして、どこへいっても行列、ぎょうれつ、ギョウレツ…。去年はアジサイの時期に鎌倉を訪れたのですが、こんなに人だかってなかった記憶があります。

ゴールデンウィークパワー恐るべし。

鎌倉山納豆さんのエルマメディッソ・カラメンテの試食に群がり、その隣の味くらさんの赤しば漬の試食に移動するおばさま方の行動の素早さに感動。サスガです。

そして私はといえば、明月院行ってー、浄智寺行ってー、鶴岡八幡宮のちょっと終わりかけの春ボタン愛でてー。とりあえずオノボリさんしちゃうのですが、食べ物のメッカ鎌倉へ行ったらやっぱりおいしいもの食べないと!

ということで、頑張って行列に加わり、段葛 こ寿々おそばわらび餅を食べました。メディアに露出しすぎて今やホントに鎌倉の代表的な行列店になったこ寿々。おそばを打ってるお兄さんが結構若いので「おいしいのぉ?」って思ってしまうのですが、ちゃんと甘くて上品な細打ちのおそばなのです。香りもいいし、コシもある。これをちょっと辛口のつゆで頂きます。

そして、そば湯が激ウマ。そば湯って普通に【そばの茹で汁】をだしてるお店もあるらしいのですが、こ寿々はちゃんと別に作ってます。だから、香りも良くて濃厚。トロトロ。

そして、わらび餅も激ウマ。さすが本わらび粉100%使用。プルルン度がすごい。「食べるの大変そう…」とか思っちゃうのですが、ちゃんと楊枝で切ることが出来る。口の中に入れて、歯応えがあるけどやわらかい。プルフワ。

そして、サービスのお姉さん方がスバラシイ。てきぱきこの上極まりなし。テーブルの名前とオーダーを間違わないシステムがちゃんと出来上がっていて、回転率のスバラシサを物語っています。

で、hanaの段葛 こ寿々の星の数【★★★★☆】

もうちょっと落ち着いて食べたいかなという私のワガママなり~。

| コメント (0) | トラックバック (0)

真夏のゼンザイ

ゴールデンウィーク真っ只中の東京。

あまりの暑さに煮えてます。すでにおうちでは半ソデ&短パンという私。まだ5月なのにこんな格好しちゃって夏になったら何を着ようかというのが目下の悩み。

そしてこれだけ暑くなると食べたくなるもの…

そう、カキ氷!

実家福岡の祖母のおうちの近くには絶品のカキ氷を出すお店があります。九州では超有名な蜂楽饅頭(ほうらくまんじゅう)さんです。その名の通り"回転焼き"(関東では"今川焼き"ですね)を店頭で焼いて出してくれる。80円で買える幸せ度NO.1なお店です。

蜂楽饅頭さんでは6月から9月まで夏季限定でカキ氷を販売してます。ここのコバルトアイスが大好き。不思議なネーミングですが、要するに練乳がけのカキ氷。

「氷はフワフワじゃないとカキ氷ではないのだ!」という私のワガママ欲求を間違いなく満たしてくれるお店です。

そしてもう一軒、沖縄に"シンプルだけど最高"なカキ氷を食べさせてくれるお店があります。

岸本食堂の向かい側にある新垣ぜんざいです。お店の名前を聞くと「カキ氷じゃないじゃん!」と思われるかもしれませんが、沖縄では【ぜんざい=氷アズキ】、そう、立派なカキ氷なんです。

しかも、"アズキ"であるはずの部分は"金時豆"という沖縄ではポピュラー度NO.1な煮豆用のマメに変身。この煮豆(?)と白玉数個が山盛りの氷の中に埋もれているのが沖縄の"ぜんざい"なのです。

ビーンズラバーの私としては"金時豆"というだけでドキドキしちゃうのに、新垣ぜんざいさんのぜんざいにはカマドでじっくり炊き上げられたフックラ金時豆の上に私の欲求を満たすフワフワ氷がこれでもかというほどのってます。びっくりするほどの大きさで200円!

那覇から車をとばして通う価値あり。しかし、【不定休】の看板に偽りなしというほどお店が開いてなかったり、お店が開いててもすぐに売り切れちゃったり、おまけにお客様がちょっと途絶えると速攻閉められちゃったりします。かなりスリリングなお店です。

でも、おいしい。

ちなみにぜんざいに入っている白玉の数でそのぜんざいの良し悪しを決定してしまううちなんちゅー(=オキナワン)のみなさん。

ステキです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »