« 門外不出のフルーツ | トップページ | ディープ中野 »

ホウショウ OR ホウジョウ?

センジツ、知り合いの方にご紹介頂き、新中野にある静呑居 ときの音というお店にいってきました。

カウンター8席の奥にテーブル1つ(4席ね)というとっても狭いお店。お母さま、そして店主であるお嬢さまが二人で仲良くお店をやっていらっしゃいます。店内はとってもcozyな雰囲気なのですが、すべて店主がコーディネートされたと聞いてオドロキ。

メニューも限りなくシンプルで1,800円と3,800円のコースのみ。1,800円のコースは先付けと籠盛り八寸、そしてもう一品。3,800円のコースになるとそれにお野菜、お魚、お肉料理がプラスされます。

お料理の内容はまさに女性好み。籠盛り八寸はおいしいものをちょっとずつ食べたい女性陣にはぴったり。今回は3,800円のコースを頂いたのですが、そのあとに続くお料理もすべて小ぶり。年齢と共に反比例する食欲を持つ私の男友達諸君をこのお店に連れて行ったらちゃぶ台ひっくり返す勢いで「もっと食べる~」コールを連発するであろうと思われます。

でも私たちは女の子だからいいんだもん。地球上で一番ワガママな女の子というオソロシイ生き物はおいしいお食事とおいしいお酒をちょっとずつ頂ければシアワセなのです。

お店が狭いのでメディア露出を控えているというこのお店。ご興味ある方は探して行ってみて下さい。

静呑居 ときの音
〒164-0011 東京都中野区中央4-2-11 坂商ビルB1
営業時間 6:00PM ~ 11:00PM
定休日 日曜・祝日

店主のお姉さん、とっても美人ちゃんです。周りをぐるりと見渡せばお料理もお店の雰囲気も女性向けなのに、お客様は半分が男性。

そういえば、さっき、

「あちらのお客様からです」

という映画のようなシチュエーションで運ばれてきたものはスナップえんどう。常連の男性の方が実家の畑から今朝収穫したらしい。「いや~、これ無農薬でね~」ってマッチョなお兄さんが熱く語ってくださいました。その他の常連さんも次々に店主にお土産攻撃。私たちもスナップえんどうのおこぼれに預かってはいるのものの、やっぱり美人店主は得なのだ。

そして、帰り際に私の友人が放った一言、

「オーナーのお姉さん、ホウショウマイに似てるよね?」

うっそー。宝生舞を認知してからのこの数年間、彼女の名前ってホウジョウマイだと信じて疑わなかった…。

30歳になってまたひとつ賢くなってしまった初夏の夜でした。


« 門外不出のフルーツ | トップページ | ディープ中野 »

コメント

こんにちは。エリカと申します。
私も「ときの音」行きました★いいお店でした。
お店のデータが知りたくて探していたら
ここで見つけました!ありがとうございます。
また遊びに来ますね。

投稿: エリカ | 2005年8月29日 (月) 15時50分

エリカさん、コメント&TBありがとうございます♪
“ときの音”いいお店ですよね。
私が行ったときは男性のお客様でカウンターが
埋められていたのですが、女性のお客様も
いらっしゃると聞いて一安心(?)。

またエリカさんのsingle lifeも楽しみにしております。

投稿: hana | 2005年8月29日 (月) 18時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99315/4126248

この記事へのトラックバック一覧です: ホウショウ OR ホウジョウ?:

» 中野坂上 [single life]
朝まで飲み。ひとり上手になれそうなお店を見つけました。 [続きを読む]

受信: 2005年8月29日 (月) 15時57分

« 門外不出のフルーツ | トップページ | ディープ中野 »