« やっぱりワラビー | トップページ | ホウショウ OR ホウジョウ? »

門外不出のフルーツ

去年の今頃、私はサンパウロにてブラジリアンな生活を送っていました。

料理修行と称して、なんと3度目の渡ブラ。冬だろうが夏だろうが雨が続くと一気に寒くなる不思議な気候が好き。私がめんどくさくなって英語で話しかけても頑としてポル語で返してくるブラジリアンが好き。そして「あの気候にこのくどさはどうよ」って突っ込みたくなるようなブラジル飯が好き。

そして、フルーツフリークの私はブラジルのフシギ果物が一番好き。

日本で「名前は聞くけど、実際のモノは見たことないぞ」という果物があふれるまさにフルーツの聖地ブラジル。マンゴ、パパイヤ、グアバ、パッションフルーツにスターフルーツ…このあたりは都内のフルーツショップに売ってあったり、沖縄でお目にかかれることもあり。

でも、もっとフシギ果物があるんです。

その名もカジュー

これって、カシューナッツの実の部分なんです。赤いパプリカのような実の上に見たことがある形のヘタがちょこんとついてます。そう、これがヘタではなくてカジューのタネの部分。

で、実の方が食べられなくなるぐらい熟すとちょこんとついているこのタネの中がカシューナッツに変身してしまうのです。びっくりギョウテン。カシューナッツってきっと落花生みたいなアミアミの殻に包まれていると思ってたのに。

カジューの実の部分は甘くて、フワフワ。かなりフシギ食感。お酢やワインに加工されたりもしますが、ブラジル北部に行かない限りはフレッシュなカジューを食べる機会はなかなかないです。残念。

あ、カシューナッツの方は実はマルチビタミン剤。ビタミン、ミネラルの宝庫。脂質は高いけどワルモノの脂肪分ではありません。私がはまっていたフロリダ発祥のsouth beach dietでもナッツは食べてOK!とされています。でも、アメリカ人と日本人の体って外見はもちろん中身も違うので異国の地から輸入されたダイエットがすべて日本人に通用するわけではないのですが…。

とちょっとフードスタイリストっぽいことも言ってみたりして。

カシューナッツをかじりつつ、去り行くゴールデンウィークを惜しむ今日この頃でした。


« やっぱりワラビー | トップページ | ホウショウ OR ホウジョウ? »

コメント

South Beach Dietで検索したらこのページが見つかりました。SBDに興味があるようでしたら。私のページをのぞいてみて下さい。

投稿: jaw | 2005年7月 2日 (土) 11時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99315/3990127

この記事へのトラックバック一覧です: 門外不出のフルーツ:

« やっぱりワラビー | トップページ | ホウショウ OR ホウジョウ? »