« モモからうまれた | トップページ | はなちゃんハッケン »

マットウな店

数年前から和食の世界でも価格破壊が始まり、リーズナブルなお値段でカジュアル懐石が食べれるようになりました。

といいつつも、

実際はお値段が安いだけで、お料理自体はお出汁がちゃんととれていなかったりとか、巷で売っているお惣菜のようにちょっとくどくて甘い味付けだったりで、大して嬉しくなかったりするワケです。

でも、神保町にある徳亭はリーズナブルできちんとしたお店でした。

こちらのご主人、NY Timesにも和食会期待の新星!なんて絶賛されたらしい。でもそれもナットク。基本のお出汁がしっかりとれていて、お料理を頂いていると要所要所にご主人の工夫が伺えます。

夜のメニューは基本的に8品からなる季節のコースのみ。コースを1つに絞ることによって、4,000円という価格が実現できるのね。

先付の極上湯豆腐はモロヘイヤをのせた一口サイズのオトウフ。一見、フツーですが、このオトウフが浸かってたお出汁がおいしかったのです。このお出汁を頂いた瞬間に「おっ!」と思ってみました。

八寸には金針菜(きんしんさい)というユリ科の野カンゾウのつぼみのお浸しとか、お麩で出来たチビカボチャの中に柚子味噌を射込んだものとか、ほおずきの皮の中に百合根とダダチャ豆で作ったほおずきの実が入ってたりして、ホントにカワイイ。

お料理、一品一品にちゃんとしたお仕事がされています。

前出の金針菜や関東ではあまり見かけない芋茎(ずいき)を使ったとうもろこしのすり流しなど、若いご主人の遊び心も盛りだくさん。

前菜、揚げ物、食事以外は全部冷たいお料理。普通はそれだけ冷たいお料理が続くとちょっと飽きるものですが、それもちっとも嫌じゃなかったのです。このお料理の内容ならば「ムシロ好き」とか思えてしまうこのフシギ。

新レンコンのご飯も赤出汁もお出汁がしっかりときいていてナルホドのお味でした。こういうお店ができることで、きちんとした和食をリーズナブルにもっと若い人にも楽しんでもらえるのかなって思ってみたり。

ちなみにお店に伺ったのは土曜日。しかし、お客さまは私たち以外ゼロ。土曜日の神保町は閑散としておりました。良いお店がなくなると困るので、みんなで土曜日の神保町観光に行ってみよう!

で、hanaの徳亭の星の数 【★★★★☆】

コストパフォーマンス最高で雰囲気もよくてお味もおいしいい。個人的には星5つ。

しかし、男性には極端に量が少ないみたいで、「8,000円出すから2人前食べさせてくれ」という世界らしいです。

新レンコンご飯をオカワリしたにもかかわらず満たされなかったカワイソウな友人のイブクロを考慮した星の数でした。


« モモからうまれた | トップページ | はなちゃんハッケン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99315/5168567

この記事へのトラックバック一覧です: マットウな店:

» 徳亭 (和食 精進料理) [都営新宿線味紀行]
店名 徳亭 〒 101-0003 住所 東京都千代田区一ツ橋2-6-11 キンセイビル1F TEL 03-3234-0236 営業時間 平日 11:30-14:00 17:30-21:30 土曜 17:30-21:30 定休日 日曜・祝日 都営新宿線 神保町駅 A6番出口より徒歩2分 地図を表示 ... [続きを読む]

受信: 2005年8月26日 (金) 08時11分

« モモからうまれた | トップページ | はなちゃんハッケン »