« おつぎはウーさん | トップページ | イベントの前のイタリアン »

サイゴの宿題

気づいてみればもう夏休み最終日。

風通しの悪い我が家にもらわれてきてしまった風鈴をフビンに思い、朝っぱらからカワイソウな風鈴めがけて扇風機の風を送るなどという怪しい行為をしていると、突然のピンポン。

なんと、段ボール箱いっぱいのきのこたちが届きました。

「あらあら、もう秋ねぇ。」

なんて、悠長なことを言っている場合ではありません。この子たちをおいしいデリに変身させなければいけないというまさに夏休み最後の宿題。

白まいたけに黒あわびたけ。白きくらげによく似たハナビラたけや、いつ見ても“ひらけポンキッキ!”のムックを思い出すやまぶしたけ。このあたりは最近スーパーでもたまに見かけます。

がしかし、名前だけは聞いていた黄金タモギとは初対面。黄色のかわいいきのこからは「私ってば抗ガン作用ばっちりよっ!」というオーラがでております。

そして、名前さえ初めて聞いたかきの木たけ。えのき茸の原種らしいですが、ちょっと太目のブラウンえのきという感じです。

そういえば、エリンギだってポピュラーになったのはつい最近。「この子たちの中から“ポストエリンギ”がでてくるのね」と勝手に感慨深くなってみました。

そして、まだごそごそやっていたらアガリクス(姫マツタケ)をハッケン!

実はブラジル料理修行時代にとってもお世話になった方が命名されたこの姫マツタケ。ブラジル産の姫マツタケとは違い、国産のものはかなり大きめ。あんまりかわいくなくてちょっとサビシイ。

で、しつこくまだまだごそごそしていたら姫じゃないマツタケ、ジャパニーズキング・オブ・キノコ。
松茸をハッケン!

さすがにまだ8月(ギリギリだけど)なので、国内産というワケにはいきませんが、ハツモノはハツモノ。

“まつたけ”という言葉に血ワキ肉オドルというタイプではないけど、“ハツモノ”が好きなワタシ。偉そうにフードスタイリストなんていうオシゴトをしていると、“ハツモノ”だったりとか、“ゲンテイヒン”だったりとか、非常に“メズラシイモノ”を食べる機会をよく頂きます。

あー、ホントにありがたい。

ちなみに、今月頭に取材でとってもおいしい目からウロコのお米を食べさせて頂きました。白米フリークの方は必見です。
フードスタイリストhanaが行く!【青山にアナザワールド出現…え?ここは鳥取?!】

まだまだ世の中には食べたことがない食材だったり、お料理だったりがたくさんあるのねってひとりで納得。はんだまとかうりずんの定義をのべるコトができる方。尊敬します。

でもでも、知らない食材を食べてみたい好奇心って誰にでもありますよね。

ということで(どういうことだ)、【フシギ食材をおいしく食べさせてくれる】ワタシのお気に入りのお店を北海道と沖縄から一軒ずつご紹介します。

まずは沖縄県の那覇にある琉球料理乃山本彩香さんです。琉球料理好きの方にはおなじみですね。こちらのどぅるわかしーが一番好き。

そして、北海道のすすきのにある板前料理 しんせんさん。これまた稲井憲子(母:58歳)に連れられていったお店なのですが、ご主人のお仕事が本当にスバラシイです。北海道にしかない目からウロコの食材にオドロキ。

沖縄と北海道へご旅行の際はぜひ。

とかなんとかいいながら、このカワイイきのこたちをどうしてくれようかと思ってみたりもする。

ムックをもっしゃもっしゃと試食しながら現実逃避を試みる8月最終日でした。


« おつぎはウーさん | トップページ | イベントの前のイタリアン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99315/5725806

この記事へのトラックバック一覧です: サイゴの宿題:

« おつぎはウーさん | トップページ | イベントの前のイタリアン »