« サイゴの宿題 | トップページ | イベントの後のイタリアン »

イベントの前のイタリアン

先日、西麻布にあるクラブのライブイベントに行ってきました。

やっぱり“頑張らなくてはいけないイベント”へ行くときには“頑張らなくてはいけないタベモノ”を食べなくてはいけないというワケのわからない稲井華子セオリー。

そこでやっぱりイタリアン。しかも、麻布のこじゃれたイタリアンじゃなくて、ピッツエリアぐらいのわいわいがやがやのフンイキの中、テンションをあげてお食事をしたい。

「じゃ、やっぱり恵比寿だ。」

と、エビスイタリアン激戦地区にありますデリツィオーゾイタリアの妹分であるVACANZA(ヴァカンツァ)へ行ってきました。

こちらのウリは薪釜で焼くナポリスタイルのピッツァ。そして、このピッツァを含むコースがなんと2,800円で頂けるというスバラシサ。冷たい前菜から2品、温かい前菜から1品、そしてピッツアにパスタ、デザートまで含んでこのお値段とはかなりコストパフォーマンスがよろしいかと思われます。

前菜は牛肉のカルパッチョとカジキマグロの燻製をオーダー。シンプルな盛り付けですが、とにかく量がすごくてびっくりギョウテン。温かい前菜のつぶ貝とジャガイモの香草バターは薪釜で焼かれてでてきます。お味がどうこうというよりも、これまたすごい量にオドロキ。

やっぱり、ピッツエリアではガッツリいくものなのね。

メインのピッツアはマルゲリータとクワトロフォルマッジのメタメタ(ハーフ&ハーフ)にしてもらいました。1枚の生地に半分ずつ違う種類の具材をのせるなんて手間もかかるし、火の入りだって違ってくるので焼き加減も難しくなります。でも、こういうサービスをちゃんとやってくれるお店って本当にウレシイ。

残念だったのは焼き手の方によって違うのか、大好きなピッツァクラストがちょっとコゲ気味だったコト。でも、サービスのお兄さんのゲンキな対応に多少のコゲも気にならなかったりします。

パスタにはどうしてもパッパデルレを食べたくて、“牛テールとホホ肉の煮込みソースのパッパデルレ”というヘビー系パスタをチョイス。パッパデルレはよろしかったのですが、テールとホホ肉がパサパサしててちょっとカナシカッタです。

デザートにはシチリアレモンのソルベとミルクのジェラートをオーダー。最後にやっとサワヤカになれました。

で、hanaのVACANZAの星の数 【★★★☆☆】

【味・雰囲気・値段】のバランスからいくと、もちろんステキです。

でも、年をとるにつれて、高くてもいいからおいしいもの食べたい…とか思ってしまうんですね。納得いかないお蕎麦と納得いかないパスタを食べたときにはこれをひしと感じます。

そして思うのです。

「もう二度とウワキはするまい」と。

でも冒険野郎のワタシはすぐに「もっとリーズナブルで美味しいお店があるはずー」と新しいモノに飛びついてしまう。そして年甲斐もなくクラブイベントにだって行ってしまう。

この“頑張るイタリアン”のおかげで“頑張る一夜”を過ごすことができました。

グラッツィエ♪


« サイゴの宿題 | トップページ | イベントの後のイタリアン »

コメント

始めまして、稲井憲二と申します。神奈川県の相模原市に住んでます。「家紋」について調べていて見つけました。この間、新聞に出てましたよね?食欲のわく記事でした。数少ない稲井さん頑張ってください。応援してます。

投稿: 稲井 憲二 | 2005年9月 6日 (火) 23時54分

稲井憲二さん、はじめまして。
コメントありがとうございました。
思わず、うちの母(稲井憲子)が自分の名前を間違えて
コメントしてきてくれたのかと思ってしまいました!

>この間、新聞に出てましたよね?

はい!
メディアの力ってすごいですよね~。
ちなみに出身は長崎ですが、本家は四国の徳島になります。
憲二さんと親戚同士…なんてこともありえるのでしょうか?

投稿: hana | 2005年9月 7日 (水) 23時02分

ホームページに書き込んだの始めてだったので、コメントに載ると思ってなかったです。ビックリしました。料理の場所なのにすいません!これで最後にします。かなり遠い親戚だと思います。曾祖父さん(稲井和平)が北海道に渡ったと聞いてます。で、父が北海道から上京して今にいたってます。なので、私の知っている稲井さんは北海道にしかいなかったので、稲井さんを発見し嬉しくなりつい書き込んでしまいました。

投稿: 稲井憲二  | 2005年9月 8日 (木) 23時23分

またまたコメントありがとうございます!
食に関するブログですが、同じ“稲井さん”にコメント
頂けるだけでとってもウレシイです♪

憲二さんは北海道がルーツでいらっしゃるんですね。
「稲井」と書いて、「いねい」さんは結構いらっしゃるの
ですが、「いない」さんは少ないみたいですね。
どちらの読み方にしてもめずらしい姓ですが…。

またお暇なときにでも、遊びに来てくださいね♪

投稿: hana | 2005年9月 9日 (金) 00時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99315/5804957

この記事へのトラックバック一覧です: イベントの前のイタリアン:

« サイゴの宿題 | トップページ | イベントの後のイタリアン »