« 麻布ゼミ | トップページ | おっかけエスペリア »

りんごのキモチ

何だかフレンチが食べたくなって、前々から行ってみたかったりんごの絆へ行ってきました。

荒木町へはよく出没するワタシ。でも毎回「今日はココのコレが食べたい!」とテーマを決めて、お店へ直行。車力門通りとか杉大門通りには気になるお店がたくさんあるのですが、まだまだ行けてなかったりするのです。

りんごの絆もそんなお店のひとつでした。なんとなく気になるけど、なんとなく行けなかったお店。

突然思い立ったので、予約もせずに伺ったのですが、そんなワタシタチを笑顔で出迎えてくださるサービスの奥様。とってもステキなマダムです。丁寧に席まで案内してくださって、お料理やドリンクの説明を細かくしてくださいます。

まずはアミューズ。牛のスライスのグリルに赤ピーマンのムースが添えてあります。このムースがスイーツみたいにほんのり甘くて、一口頂くとシアワセなキモチになります。

前菜にはりんごの絆のサラダをお願いしました。シンプルなグリーンサラダに新鮮な鯛の薄造りがのせてあり、すごく良いバランスです。友人がお願いした秋刀魚のソテーも脂がのりのりの秋らしい一品。

前菜を頂いていると、予約されていたお客様や常連のお客様が続々と入店され、マダムもにわかに大忙し。メインを待つ私たちに「こちらを飲んでお待ちください」とコーンスープを持ってきてくださいました。デミタスカップに注がれたかわいいサイズ。コーンを皮ごとローストしてあるので、甘みがぐんと引き出されています。ブイヨンとクリームのバランスも良い濃厚な絶品スープ。

メインはオーソドックスではありますが、鴨のコンフィを頂きました。こちらもじっくりとローストされて皮はパリッとお肉はジューシー。友人が食べている白金豚もおいしそう…。カジュアルフレンチだから許していただけるかなと半分食べたあたりでマダムに気づかれないようにささっと交換。

白金豚のやわらかさにビックリ。ワタシはどちらかといえば肉質がしっかりした味があるお肉のほうがスキ。でも、この白金豚はやわらかいだけではなく、旨みも十分。ちょっとオドロキでした。

ワインも立派なセラーがあるかと思ったら、お手軽価格のグラスワインもあり。マダムにお願いするとお料理にあったワインをオススメして頂けます。

そして、デザートもかなり力強い。りんごの絆特製の黒いプリンはもっとワインを頂きたくなるようなオトナ味。結構ポーションが大きかったのですが、気づいたらあっさり完食。友人が食べていたチーズタルトもこちらのお店のとっておきの一品。コレを目当てにいらっしゃるお客様も少なくないとか。

で、hanaのりんごの絆の星の数 【★★★★☆】

お味はスバラシイですが、付け合せのちょっとしたお野菜がアミューズとメインでかぶっていたりしたのが残念。でもでも、一品一品に愛情がこもったフレンチだと思います。

マダムの心温まるサービスと優しいお話に本当にカンゲキ。グループでお食事の方にも、常連さんの熟年カップルにも、一見のワタシタチにも分け隔てなく丁寧に接してくださって、質問するとどんなことにでも答えてくださいます。

こんなに気持ちよくお食事をさせて頂いたのは本当に久しぶり。うわべだけのサービスでなく、心の底からお客さまをおもてなししたいという気持ちって本当に大切です。

きっとこれって飲食のキホンだと思うのですが、キホンが一番ムズカシイ。

「ワタシも初心に帰って食のお勉強をキチンとやろう。」

りんごのキモチが理解できる日までガンバリマス。


« 麻布ゼミ | トップページ | おっかけエスペリア »

コメント

はなちん、名前を出せないところが悲しいけど・・・私よ、わかる?(ジャイアンよ!)

はなちんとこに出現するとうちで正体がばれるかも・・・と妙に気を使っておりますわたくしです。しばらくは「ま」ということでご協力お願いいたします。
ぺヤングでもいいけど・・・どうしてもっていうなら。
(こんなコッソリするくらいならなぜにそんなインチキなプログはじめるなっちゅうことですが・・・そんなこといっちゃいやん)

いつもはなちんのプログにきても、ロスではおいしいとこを制覇しているくせにグルメではない私は話についていけないことが多いのです。
味やレストランはPickyなくせに食材の名前は知らないわ、料理名はいつまでたっても覚えないわで本当にこまったヤツ。
でもここで少しは勉強してグルメなオンナをめざします。

でもここ1年でワインにだけはツウになったよ!少し前までは「まずい」と飲みもしなかったのに。
あ、でもCAワイン限定ね(笑)
今では3ヶ月に1回はサンフランシスコにとんでNapa通い~♪仕事の関係もあるしねっ。

りんごのはなしきいたらりんご飴たべたくなった。あれって買って持ち歩いてるときはうれしくてウキウキなのに、食べるときはまずいしたべにくいし食べかけのりんごは茶色に腐色するしで困ったたべものなんだよね。

↑・・・・すこしはグルメのふりをしてみました。
ダメ?

投稿: | 2005年10月15日 (土) 11時29分

「ま」ちゃん、最長を記録するコメントさんきゅっ。
「私よ、わかる?(ジャイアンよっ!)」のヒトコトですぐにわかったわー。
さすが、心の友やね。

今度、LAにリンゴ飴大量出荷しておくよ~♪
ぺやんぐ。

投稿: hana | 2005年10月16日 (日) 14時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99315/6254783

この記事へのトラックバック一覧です: りんごのキモチ:

» 四谷 りんごの絆 [家族で行くスタイリッシュレストラン]
四谷・荒木町はなかなかフレンチの優良地だなぁと かってにひそかに思っているのですが(北島亭とかね) 今回は家庭のぬくもりが心地よい「りんごの絆」を紹介します。 りんごの絆 最寄駅:四谷三丁目料理:フランス料理採点:★★★★☆コスト:4,000....... [続きを読む]

受信: 2005年10月27日 (木) 16時05分

» [food]りんごの絆 [四谷に暮らす]
とある経緯で存在を知った、不思議な縁を感じる荒木町のフレンチ。 偶然にもCAワインのインポーターの知人からも名前を聞いてましたが。 お店の中に入ると周囲の喧騒が嘘の様に落ち着いた空間が広がります。 手作りのワインリストはマダム直筆の説明がかなり楽しい、、....... [続きを読む]

受信: 2005年10月30日 (日) 08時56分

« 麻布ゼミ | トップページ | おっかけエスペリア »