« フクを招くロウ | トップページ | 徒歩3分のエノテカ »

ブジとブリ

実はピンチョスおたく(?)のワタシ。

そもそも論で申しますと、数年前に行ったスペイン&ポルトガル食の旅でマドリッドにあるタパスバルにはまったのがそもそもの始まり。

【ちょっとずついろいろなものが食べれる】コトが好きみたいです。

以前は日比谷のピンチョス・ベポへ行ったりしていたのですが、昨今のピンチョスだったり、タパスだったり、バルだったりのブームに乗り切れず、ベポったら、さっくり閉店。

ちょっと寂しいワタシは【エル・ブジ仕込み】という魅惑のキーワードにやられて、赤坂の旬香亭グリル デ・メルカドへ行ってきました。

こちらは以前、旬香亭グリルとして営業していたお店。旬香亭グリル時代に一度だけ伺ったのですが、当時の赤坂旬香亭ほどのインパクトがなく、それっきり5年ほどゴブサタしておりました。

全然気にかけていなかったのですが、3年前に旬香亭グリル デ・メルカドとして再スタートを切られたご様子。早速、7,000円のコースを予約して伺いました。

やっとの思いで赤坂アークヒルズエグゼクティブタワーにたどり着くと、妙に愛想のいいサービスのお兄さんに出迎えられます。席に案内されて、お料理がスタート。

まずはジンフィズ。ゼラチンが入ったしっかりした泡がたっぷりのフシギなジンフィズです。

前菜となるピンチョスはサーモンのリエット、サザエのオーブン焼き、シャンピニオン、シャコの生姜マリネ、エビのアヒージョ(エビのニンニク唐辛子焼き)。この子達がそれぞれスライスしたバゲットの上にのっています。

しかし、このピンチョス達ったら…ぜんぶ冷たい。バゲットもしなしな。そして、ツナのパイまでもひえひえでパリパリ感ゼロ。

冷たくてふにょふにょのパイを食べるのはどうしてもイヤだったので、「暖めてください」とお願いしたら、明らかに【電子レンジでチン!】したものが出てきました。さらにふにょふにょ。

ちょっと嫌な予感を感じつつ、タパスへ突入。一見、卵の黄身に見えるメロンピューレが有名な生ハムメロン。お米の代わりにシリアルをかけて食べるパエリアケロッグ。その他、マグロのコンフィ、クモコのフリット、クラムチャウダー、などなどとにかくすごい品数がでてきますが、どれも印象に残らず。

メインはイベリコ豚の骨付きバラ肉キャラメリーゼですが、これまたパサパサに調理されてしまったかわいそうなイベリコくんが登場。

CKエスケープの香りを楽しみながら食べるデザートも、パリパリの串刺しチョコバナナもこぼれないムース状のカプチーノもフツー。

で、hanaの旬香亭グリル デ・メルカドの星の数 【★☆☆☆☆】

すべてのお料理の完成度が低すぎました。というよりは、あまりにもお料理のキホンの部分が欠けていたような。オドロキはあっても、カンドウがない。シェフと呼ばれる方々はタイミングをとても大切にしていらっしゃると思うのですが、それがまったく感じられず。

サービスの方もフレンドリーではあったのですが、あまり心地良くないフレンドリーさ。その日はワインな気分ではなかったので、ずっとビールを頂いていたワタシ。なぜか執拗にワインを勧められてビックリ。

「このお料理にはこのワインで。」という勧め方ではなく、明らかに客単価をあげたいオーラがでていて、サザナミのようにひくワタシ。

アゲクの果てにチェックの段階になるとどう考えてもお高い。どうやら、他のお客様と勘違いされたらしく、9,500円のコースに代わっていたみたいです。そういえば席に着いたときに「あれ、男性の声で予約されたと思ったのですが。」とか言われていたことを思い出す。

お値段の修正はしてもらったものの、最後まで気持ちよくお食事ができず。

とそんなこんなで初の「ひとつ星」です。

お料理の味よりもエンターテイメント性を重視するのであれば、お値段も品数も今の半分にして、新しモノ好きの20代前半女子をターゲットにしたらいいのに…とかいらない心配までしたくなる。

ちなみにエル・ブジで修行された山田シェフは不在でした。

そして、「エル・ブジとエル・ブリどっちがホント?」とよく聞かれますが、パエリアがパエージャだったり、パエーリャだったりするのと同じでたいした違いはありません。

佐世保(長崎県)で生まれ育ったワタシは地元のオジサマたちの素晴らしいヒトコトにカンドウしたことがあります。

「サセホもサセボもホボ同じ」

こんなヒトコトでテンションあげざるをえないちょっと悲しい初冬の夜でした。


« フクを招くロウ | トップページ | 徒歩3分のエノテカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99315/7312110

この記事へのトラックバック一覧です: ブジとブリ:

« フクを招くロウ | トップページ | 徒歩3分のエノテカ »