« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

春分ウェディング

本日、3月21日にめでたく入籍しました。

と報告すると決まって聞かれるのが、

「え?ガイジン?」

ですが、パートナーは東京生まれの東京育ち。

多少、帰国子女風味ではありますが、31歳同じ年の建設業に勤めるビジネスパーソンです。

ワタシとは真逆のスバラシイ常識人です。

ご両親も本当にステキな方で、「良い親に育てられると良い子が育つものだ」と身をもって学んだ今日この頃。

昨年秋の結納の席ではワタシの愛する母憲子(祝還暦)も登場。

母憲子をよく知るお姉さんに「お願いだから観覧可能な結納にしてS席のチケットを売ってくれ」とまで言わせたおもしろエピソード満載の結納も今となっては良い思い出。

結婚本来の意味をよくわからないままに結婚に関わるコトガラを進めてきたこの1年ですが、「1人よりも2人のほうが楽しい」という私の単純な基本コンセプトは間違ってなかったような気がします。

パートナーのお父さま、お母さまをはじめとするご家族だったり、お友達だったりと愛すべき人々が増えたこともワタシにとってはとってもシアワセな出来事。

3月21日のこの日から、Three, Two, One, GO!のイキオイで頑張りたいと思います。

ということで、フードスタイリストHanaからのプライベートご報告でした。

ちゃんちゃん。

| コメント (22) | トラックバック (1)

スプリングラブ

日に日に春めいてきている今日この頃。

「新宿御苑の梅を愛でてから、つな八さんで白魚のかき揚げを大好きな桜塩で頂く」

なんて、“ある春の日の正しい過ごし方”【新宿区民編】とももうすぐお別れ。

実は今月末に脱・新宿(引越しとも言います)してしまうのです。

ということで、今回は四ツ谷三丁目近辺にある稲井華子お気に入りのイタリアン2軒をご紹介します。

まずは四谷四丁目寄り(しかも曙橋方面)にあるCUCINA AMANO(クッチーナアマノ)さんです。

こちらのお店は昨年11月にオープンしたばかり。シェフとサービスの奥様のお二人で、なんと土・日・祝も休まずに営業されてます。休日ブランチ大好きなワタシにとって、本当にありがたいお店です。

旬の素材がたっぷりの前菜5種盛り合わせがお気に入り。これを頂くと本当にシアワセな気持ちになれます。

パスタ系は「うーん、もうちょっと!」のバランスですが、努力家でいらっしゃるシェフにこれからの期待大です。

もう1軒は四ツ谷四丁目交差点近くのビル2階にあるCEPPINO(チェッピーノ)さんです。

こちらのトリッパの網焼きが大好き。ジビエの時期には猪のくび肉なんてちょっとめずらしい食感の煮込みも頂けます。パスタは手打ちがオススメで、イカスミ入りのタリオリーニはかなりミワク大な一品。

すべてのお料理のバランスがよく、サービスもスバラシイ。

とっても気持ちよくお食事が出来るお店です。

そして、こちらのビルの1階にあるブランジェ浅野屋さんがまたステキ。

実はパンオタクだったりもするワタシ。青山にあるd'une rarete(デュヌラルテ)さんのヴィーニュ100(山ぶどうのパンです)も自由が丘にあるパリセヴェイユさんのシャンピニオン(キノコの形のパンです)も好きだけど、やっぱり浅野屋さんのフルーツライらぶです。

フルーツやナッツがどっしりと入ったあの重みがたまりません。毎日食べても飽きない美味しさ。

と、最後はパン話になってしまいましたが、やっぱり大好き四谷三丁目。

そして、ついでに春らしいニュースを2つほど。

ひとつめは…

自由が丘の808+(ヤオヤプラス)がリニューアルオープンしました!

こだわりデリの種類が増えて、かわいい野菜たちもたくさんいます。

808+ 【ヤオヤプラス】
〒152-0035 
東京都自由が丘2-14-2
TEL: 03-3718-5084

ふたつめは…

私事で恐縮ですが、今月13日にダイヤモンド社から出版された「夢を実現した わたしの仕事 わたしの方法」にちょこっと載るらしいです。

買わなくていいので、本屋さんで見かけたら立ち読んでみてください。(とかいうと、トレンダーズさんに怒られてしまいそうですが…)

唯我独尊、ワタシの思いつき人生もこんなステキな記事になるのねってひとりで納得。

「これからも記事にしてもらえるようなおもしろい人生を歩んでいこう。」

とおかしな決意をしてしまった春の夜でした。

| コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »