« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

シンジュクのリボン

ホルモンと聞くとすぐにモツ鍋を思い浮かべてしまう、典型的九州っ子のワタシです。

でも、モツ焼きも大好き。福岡在住のみなさま、天神ホルモンに飽きた方はぜひビストロホルモンへ。なんて言っても、ワタシ自身はそうそう実家に帰るわけにも行かず、ちょっと近場でホルモン探索。

新宿三丁目にある新宿ホルモンへ行ってきました。

こちらは調布の言わずと知れたもつやき処 い志井の系列店で、立ち飲みブームの火付け役日本再生酒場の姉妹店でもあります。恵比寿にもちょっとおしゃれない志井ができたりして。

いつ行っても女性客とカップルで満席のこのお店。

「ホルモン人気まだまだ健在!」とちょっと嬉しくなる瞬間でもあります。

店内はかなり昭和テイストのレトロフレーバーになっております。モクモクの煙の中にうっすらと怪しげな看板やポスターが浮かび上がり、あんまりモツっぽくない雰囲気。

サービスのお兄さん方は超元気で超フレンドリー。女性客が多いのも納得です。

ホルモンは盛り合わせでお願いしたのですが、ちゃんと人数分に切り分けられ、セクションごとに盛りわけられてやってきます。サービスのかっこいいお兄さんが焼く順番も手取り足取り教えてくれます。

ホルモン初心者にとっては嬉しいサービス。きれいなお姉さん方を常連さんにしてしまうのもこの辺のテクニックなのねと学習してみました。

お兄さんに勧められるがままに頼んだ茹でタンはとろとろで食べ応え十分。白センマイは手のかかる一品ですが、歯応えがたまらない。

コストパフォーマンスはあまりよろしくありませんが、エンターテイメント性を追求したホルモンとしてはステキです。

そして、ひとりホルモンブーム状態に突入したワタシは新宿御苑前の出世料理 赤ちょうちんへ。

こちらではホルモン刺身の盛り合わせとホルモン焼きミックスを頂きました。

お刺身は色鮮やかでプリプリ。一目で新鮮なものだということがよくわかります。

レバーはもちろん、あまり生で食べる機会がないミノやハツやガツも登場。まったく臭みがないことと、ごま油がきいた特製ダレと薬味が手伝って、生嫌いのワタシもフツーに食べてしまいました。

ミックス焼きはタレでお願いしたので、炭火でコロコロ焼かれて出てくるのかなと思いきや、フライパンでバンバン炒められてます。

カウンターに座っていたのでぼーっと厨房を眺めていると、ちゃんと部位に分けてフライパンを替えながらホルモンに火を入れるご主人にちょっと感動。洗い場にどんどんたまるフライパンをご主人の横で手際よく洗う奥様を見てまた感動。

ホルモン焼きミックス(小) 3,000円

の文字を最初に見た時はホルモンの出世加減に卒倒寸前でしたが、ご主人のおシゴトを見てなるほどナットク。

絶妙に火が入ったホルモンは歯応えも良く、食べ応え十分。いろいろな部位の食感が楽しめてかなりエキサィティングな一品です。

でも…

でもね…

タレの濃さにびっくりギョウテン。お酒のアテとはいえども、予想外の濃さでした。

結局、ちょっとだけつまんですぐにギブ。ホントに申し訳ない限りです。

というわけで、久々ですが

本日のHanaの勝手に新宿ホルモン対決! “引き分け”とさせて頂きます。

【味・雰囲気・値段】のバランスってホントに難しい。

ちなみにタイトルになってるシンジュクのリボンリボンとは九州で言う丸腸(小腸)のことです。

丸腸を焼くと脂の部分が横からプリッと出てきて、これがリボンのカタチにそっくり。丸腸嫌いのワタシもこの愛らしい形にやられて、毎回オーダーしてしまいます。

「やっぱりモツは博多で食べるとが安くておいしかよね。」

相変わらずワガママ絶好調なインチキフードスタイリストでした。

| コメント (2) | トラックバック (0)

オキナワンガール

先週、3泊4日で沖縄へ行ってきました。

16ヶ月間のプチうちなんちゅー生活を営んでいた私にとっての沖縄出張なんて、おシゴト2%、プライベート98%というところでしょうか。

3年ぶりの帰沖にわくわくしながら、親戚、友人、知人に連絡しまくり、万全の体制で出発しました。

飛行機を降りて、もわーんとした空気を懐かしく感じつつ、大好きな叔母との再会を喜びつつ、まず向かったのはおもろまち

ワタシが住んでいた地域で今一番人が集まっている(であろう)商業地区です。

当時もドンドン新しい施設ができてはいたものの、現在はさらに開発が進んで、ビジネスホテルがバンバン立ち並んでいました。

DFSギャラリア(免税店)までできちゃったりして。

来年秋には首里にあった沖縄県立博物館が移転してくるらしいです。

恐るべし、おもろまち。

そして、さらにオドロキなのは内地(本土)からやってきた飲食チェーンの増殖。

以前は沖縄フュージョン系居酒屋が多かったのですが、今となってはフツーの和食チェーン系居酒屋があちらこちらにできていて、それがまたすっごい繁盛してるんです。

お仕事で仲良くさせて頂いている方が「今、沖縄では和食ブームなんです!」と熱く語っていらしたことを思い出し、今更ながらにナットク。

考えてみればワタシの周りにもてびち(豚足)やミミガー(豚の耳)が苦手なオキナワン友がたくさん。

「沖縄に来たらひかり食堂のてびちだね!」の発言にも賛同してくれる友人はおらず。

首里ソバが食べたいな…」と地味に訴えても、軽く流され。

生まれ育った土地の料理を食べなかったり、食べれなかったりというのは“もったいない”という気がします。

でも、私みたいにてびちやミミガー好きなないちゃー(本土の人)がいたりするので、世の中意外とバランスが取れていたりするのかしらと思ってみたりもする。

結局、

【ミミガーをつまみに泡盛を飲む】

というささやかな夢は破れ、

【じゃがバターをつつきながら芋焼酎を飲む】

という、北海道で九州ちっくな結果に終わってしまいました。

がちまやー(食いしん坊)な私には消化しきれない寂しさがあり、市場でてびちやミミガーや軟骨ソーキ(あばらの軟骨付あばら肉です)を大量に購入して帰宅。

自宅でオキナワンナイトでも開いて、東京で沖縄満喫したいと思います。

沖縄の食はぬちぐすい(命の薬)なり。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »