« ホッカイドウの二面性 | トップページ | 花火とイタリアン »

続:ホッカイドウ

前回のホッカイドウの二面性を読んでくれたみなさまから、

「今年の夏はちょうど北海道に行こうと思ってたんだよね~」

というメールやコメントをちょこちょこと頂きました。

「だったらぜひ、ここにも行ってきて~」

と調子に乗ってオススメしたいのが、札幌市から車で2時間ほどの士別市にあるマッケンジーファーム

こちらではトレーラーハウスを利用したステキな宿泊施設でのファームイン(農家民宿)ができます。

トレーラーハウスと聞くと「居心地良いのかしら…」とちょっとドキドキしてしまう小心者のワタシ。

でも、案内されたトレーラーハウスに一歩足を踏み入れた途端にそんな心配はどこへやら。

ベッドルームがちゃんと2部屋もあって、シャワーのお湯もたっぷり出るし、アメニティも整っていて、お掃除もしっかりと行き届いてます。

1日1組限定と聞いてナットクできる快適な空間です。

こちらのカフェ&レストランは完全予約制でオーナーである川又ファミリーの長女美冬さんがシェフを務めていらっしゃいます。

完熟堆肥を利用した畑でお母さまのまき子さんが作られる無農薬の有機野菜や地場の季節の食材を使った数々の創作料理が美冬さんのセンスでかわいらしくサーブ。

中でも、新鮮な搾りたてのミルクで作られた牛乳豆腐はスバラシイです。

そして、夜になると空いっぱいに広がるミルキーウェイ(天の川)もスバラシイ。

お腹も心もスローに満たされます。

もう一軒、お腹も心もスローに満たしてくれるカフェを美瑛町(びえいちょう)に見つけました。

自火焙煎珈琲 Gosh(ゴーシュ)です。

士別市から富良野市へ行く途中に立ち寄ったのですが、こちらの自家製パンはシアワセを感じるお味です。

テラスでのんびりだらんとしながらパン・ド・カンパーニュにキーマカレーをたっぷり浸してイタダキマス。そして、食後に自火焙煎珈琲を頂いてさらにまったり。

北海道の夏を満喫できること間違いなしです。

他にも当麻町でんすけすいかを食べてちょっとリッチな気分を味わえたり、幌加内町(ほろかないちょう)で幌加内そばを食べてちょっとレアな気分を味わえたり、増毛町(ましけちょう)でうにを食べながら「三國シェフもこれを食べてらしたのね…」ってミーハーな気分も味わえたり。

札幌市と士別市と富良野市を結ぶトライアングル地帯をドライブするだけでいろいろな気分が味わえてちょっとオトク

なんともおいしくて、楽しくて、エンターテイメントな北海道です。

市場で毛ガニやイクラを自宅に発送し、ホワイトアスパラを買い込み、デパ地下で北海道スイーツを買いまくり、後ろ髪をひかれる思いで羽田行きの飛行機に乗り込む。

東京へ戻ってきて、いそいそと北海道ナイトを開催しました。

一番好評だったのは毛ガニでもイクラでも白い恋人でもなくて、マッケンジーファームでお土産に頂いた香り豊かなバジル。

どんなお料理に使ってもなぜか主役級。刻まれても、火にかけられても、すごいオーラを放ちまくり。

北海道の大地に秘められた力強さに驚嘆な初夏の夜でした。


« ホッカイドウの二面性 | トップページ | 花火とイタリアン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99315/11093624

この記事へのトラックバック一覧です: 続:ホッカイドウ:

» トレーラーハウス [トレーラーハウス]
トレーラーハウスの購入を考えている人に贈る情報サイトです。 [続きを読む]

受信: 2007年4月 8日 (日) 18時14分

« ホッカイドウの二面性 | トップページ | 花火とイタリアン »