« アモローソな幸水 | トップページ | こしひかり大センセ »

秋鱧とアユ

5月末に大勢の方に惜しまれながら閉店してしまった四谷三丁目のベジバランス

そのベジバランスのオーナーゆり姉ですが、実は閉店と同時に世界半周旅行を敢行されてました。

「10月末ごろには帰国予定だから~」

と意気揚々と出発されたのですが、南米で貴重品をほぼ引ったくられ、欧州で機内預けにした荷物をほぼ紛失され、世界半周できないまま身一つで先月末に帰国。

「厄を全部落としてきたからもう大丈夫~」

といつも明るいゆり姉ですが、ホントにご無事で何よりです。

帰国してからベジバランス時代のお客様のお店へお礼参りしているということなので、私もくっついて新宿御苑前の大木戸 矢部へお邪魔してきました。

ご主人の矢部さんとは何度かお会いしているのですが、お店に伺うのは初でちょっとドキドキ。

お昼からちょっと奮発しておまかせ料理(5,250円)を頂いてきました。

前菜の雲丹和えに始まり、松茸の土瓶蒸し鱧と秋刀魚のお造り秋野菜の炊き合わせあん肝の飯蒸し…とゆり姉がリクエストするとどんどんでてくるお料理に私もちゃっかり便乗。

秋鱧のお刺身って初めて食べたのですが、こりこり、ぷりぷりの食感が鱧好きにはたまりません。

炊き合わせには加賀野菜である打木赤皮甘栗かぼちゃ(うつぎあかがわあまぐりかぼちゃ)がすごいオーラを放っております。色鮮やかでお味もねっとり甘くて美味しい。

でも、一番感動したのは鮎の蒸し煮です。

鮎を炭火で一度焼いてから数時間じっくりと蒸し上げ、また出汁で煮込んでいくという本当に手間がかかるお料理。

キラキラと輝く銀餡をかけられ、蓼(たで)の葉のアクセントを添えられて、やっと完成する逸品。

「すごいね、アユ…」

鮎にはあまり興味がなかった私も食材にかける手間と情熱に改めて感動。すごいのは鮎ではなくて矢部さんと板場に立つ兄さん方ですが…。

最後にご自慢のせいろ蕎麦を頂きました。

香りがよく、細めながらにこしもあり、とても美しいお蕎麦です。蕎麦つゆは出汁がしっかりきいていて、出汁の上品な香りで蕎麦を食べている感じ。

そして、蕎麦湯が素晴らしいんです!

大きな塗りの器に注がれてやってきた蕎麦湯はトロトロ濃厚。

贅沢な蕎麦つゆにトロトロの蕎麦湯をたっぷりと注いで、至福のヒトトキ。

デザートはブドウたちの饗宴ゼリーで、巨峰やマスカットがキラキラと輝いておりました。お味はもちろんのこと、目にも美しく大満足。

大木戸 矢部
東京都新宿区新宿1-35-8
TEL 03-3350-0771

この日は大・大・大サービスして頂きましたが、そうでなくとも納得の口福料理が頂けます。

「食材は天然モノにこだわってるんですよ~」

「そういえば、昨日松久さん(NOBUさん)が見えてね~」

なんて、色々とお話してくださるのですが、その間もスバラシイ手際で仕込みをしていらっしゃいました。

鱧の骨をすごいイキオイで抜いて標本にしたり…かなり芸術的な矢部さん。

アートと食を両方満喫できたシアワセな秋の午後でした。


« アモローソな幸水 | トップページ | こしひかり大センセ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99315/12046550

この記事へのトラックバック一覧です: 秋鱧とアユ:

« アモローソな幸水 | トップページ | こしひかり大センセ »