« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

はつしもとかん

【初霜と寒】

漢字変換してしまうとちょっと冬っぽい感じですが、実はこれって去年からちょこちょこお邪魔しているお店のお品書きに載っています。

「何のお店?」

という感じですが、ちょっとおもしろい焼き物と一品料理が頂ける巣鴨の御代家さんというこちらのお店。

もっとおもしろいのはその立地で都電荒川線庚申塚の駅ホーム内にあります。

最初は「ホーム内にあるお店ってどうなのかしら…」なんて思っていましたが、入り口のドアをがらりと開けると店内はアットホームな雰囲気で心地良いJazzが流れるコージーな空間です。

お品書きもまたおもしろい。

一品料理のメニューは毎日変わり、日によってはくじらに出会うこともしばしば。

そして、

「タイトルのはつしもとかんってなに?」

という話ですが、これって実は焼き鳥です。

はつしもはレバーとはつ(心臓)のつなぎの部分で、かんは食道の部分。

こちらのねぎまもちょっと変わっていて、なんとせせり(くび肉)の部分が使ってあります。

思わず興奮して片っ端からオーダー。

はつしもはレバーの風味ともちっとした歯応えが両方楽しめる一串。

かんはちょっと脂肪分多めでジューシーではありますが、これまたチューイー(chewy)食感が嬉しい。

大好きなせせりにかじりつきながら、奄美のラム酒【ルリカケス】をロックで頂く。

口福のヒトトキです。

前割り焼酎も5種類ほどあり、“兼八・前割り・ぬる燗で!”はお酒好きの方にはたまらないみたいです。

ということで、hanaの庚申塚・御代家の星の数 【★★★★☆】

「何だか、東京の焼き鳥って高い割にはフツーだし…」

と今まで思っていましたがこちらにお邪魔して以来、ちょこちょこと他のお店へ行っても焼き鳥メニューをチェックするようになりました。

先日は市ヶ谷の嘉多蔵でメニューを見ているとつなぎという文字を発見し、うきうきしながらお店の方に聞いたら「レバーとはつのつなぎになります」とのこと。

私が知らなかっただけで、東京にも焼き鳥のホルモン部分を出してくれるお店がちゃんとあるんですね。

今年は東京の焼き鳥を積極的に開拓していきますっ!

2007年度の抱負に追加したいと思います。

| コメント (3) | トラックバック (0)

おかしとむかし

新年の抱負を早々破るわけにはいかず、地味にCAFE HANA更新してみたりしております。

さて先日、会社から帰った旦那さまが

「これあげる」

とレトロなセロハン紙に包まれた月餅をひとつくれました。

会社でお菓子をちょこちょこと頂くみたいでよく持って帰ってきてくれます。

この子たちが結構美味しくて侮れないんです。

我が家では定番になった宝来屋本店さんの桜の塩漬けがのった薯蕷(じょうよ)饅頭や草月さんの黒松もよくよく考えてみればこの“お持ち帰られ一派”。

自称「和菓子オタクですっ!」なんて偉そうに言ってますが、この“お持ち帰られ一派”とふれあいだしてから、東京の老舗和菓子に疎いことに気付いてみました。

でも、彼らの中にはアタリもあればハズレもあるわけで…今回の月餅にはあまりココロ踊らず、テーブルの上にころんと放置されておりました。

次の日になってなんとなく1/4にカットして、なんとなく口に運んでみたら

「あら、美味しい」

写真を撮るのをすっかり忘れて食べちゃいましたがこんな感じでパイ生地はサクサクの台湾スタイル。これに甘さ控えめの白餡がベストマッチであっという間に1個完食。

気になってセロハン紙にある製造元を調べてみたら、泰祥製菓さんの中秋月餅という月餅でした。

先代は台湾ご出身で創業1951年の老舗なんだそうです。

東京のど真ん中でサクサク月餅に出会えるとは思わずホントにびっくり。オーソドックスなどっしり重い月餅とはちょっと違ってオススメです。

中国菓子つながりでちょっと調子に乗ってもうひとつオススメを。

長崎では有名な中が空洞のパリパリお饅頭一○香(いっこうこう)です。

中国菓子というよりも“中国生まれの長崎育ち”といったところですが、味わい深くて何だか懐かしい。

母憲子が大好きで、ぱりぱり食べていた記憶があります。

実家がまるごと福岡に引越してしまったので長崎へ行く機会が減ってしまいちょっと寂しい今日この頃。

一○香をお取り寄せてちょっと昔を懐かしんでみたいと思います♦♫⁺♦

| コメント (2) | トラックバック (1)

♪A Happy New Year♪

かなり出遅れましたが、あけましておめでとうございます。  

私のブログ放置症はここ1ヶ月の間に更なる悪化の一途を辿っておりました。

クリスマスイブウィークエンドに“ターキーネタ”を書き始めたものの、久しぶりに作るスタッフィング(ターキーのお腹の中に詰める詰め物です)に四苦八苦して挫折。

年末に“御節ネタ”を書き始めたものの、実家から送られてきた2.5kgのカンパチ(ナマモノが苦手な私からすると驚きの大きさです)に悪戦苦闘しつつまた挫折。

「CAFE HANA閉鎖?」といつもつついてくれる心優しい友人たちに新年早々言い訳めいたことを書いたりしております。

とりあえずは今年の抱負など…

今年は真面目に働きますっ!

今年は脳トレを毎日続けますっ!

今年は早寝早起きができるように頑張りますっ!

あとっ…あとっ…

今年は週に一回、CAFE HANA更新しますっ!

ちょっとテンション高めになりましたが…

今年もよろしくお願いいたしますっ!

| コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »