« やっぱりフクオカ | トップページ | ハゲの湯でひとやすみ »

続:フクオカ

桜の季節も終わり、緑が美しい今日この頃。

確定申告前に欲しかったフリーランス向け青色申告関連本をこのタイミングで入手し熟読中です。

1,000円ちょっとの投資で好きな時に好きな事を学べる。

「本ってステキ」と改めて感じてしまいました。

書籍もいいけど、ゴハンもね。

ということで、やっぱりフクオカに続いてフクオカの美味しいものをご紹介して行きたいと思います。

さて、今回やって来たのは警固交差点近くにあるakka punto effe(アッカ・プント・エッフェ)

母憲子のお気に入りイタリアンで私も帰省すると必ずお邪魔するお店のひとつです。

藤田シェフは東京のLA BISBOCCIA(ラ・ビスボッチャ)やIL BOCCALONE(イル・ボッカローネ)で修行された後、イタリアへ渡られて、1999年に福岡・警固にアッカ・プント・エッフェをオープンされました。

実は福岡のイタリアンってすごくレベルが高いんです。

同じ警固にあるイル・ボッコーネペルケ・ノー、天神のパセットに西新のイタレリ屋ツクセリ屋などなど福岡イタリアンを網羅しましたが、やっぱりアッカ・プント・エッフェが個人的には一番好き。

この日はランチでお邪魔したので軽いコースを頂くことにしました。

Akka_01_edited_2 Akka_02_edited_1 Akka_03_edited_1






(写真・左)前菜は糸島で栽培された有機野菜のサラダです。口に入れるとふんわりとグリーンの香りがして「野菜です」と主張してくれるシアワセサラダ。

(写真・中)プリモは私が大好きなパスタフレスカ(手打ちパスタ)を使った魚介のラグーです。もちもちのタリアテッレに魚介の旨みたっぷりのラグーが絡んで白ワインによく合います。

プリモにテンション上がりっぱなしの私はまたセコンドの写真を撮り忘れてしまいました…が、セコンドは和牛頬肉の煮込みでした。とろとろぷるぷるの頬肉ですが、柔らかいだけでなくちゃんと歯応えもあり、しっかりと肉本来の味がします。

(写真・右)デザートはオレンジのタルトにヨーグルトのジェラートを添えたシンプルで爽やかな一品。ビスコッティなどのパスティチェリア3種も食後のエスプレッソと共においしく頂きました。

ということで、hanaのakka punto effeの星の数 【★★★★☆】

奥さまのサービスもウレシイこちらのお店ですが、昨年2月にリニューアルしてからランチの価格帯がかなり上がってしまったんです。

リニューアル前はランチが1,000円程度からあったのですが、今は3,000円のコースのみ。以前、ランチで通っていた会社員の方々は寂しいんじゃないかといらない心配をしたりして…。

お客様はお店を選びますが、逆もまたしかり。

食材に対するシェフのこだわりはリニューアル後に一段と磨きがかかったのでそれを伺うとなるほど納得の価格ではあります。

さて、イタリアンを頂いたこの日の夜はさっぱりとふくを頂きに薬院にある旬菜処畑瀬へ。

Hatase_02_edited Hatase_03_edited Hatase_04_edited






(写真・左)呼子のイカをさっと湯引きしたぬたあえです。九州独特の甘めの酢味噌で頂くとちょっとお菓子っぽい。

(写真・真ん中)ご主人ご自慢の自家製胡麻豆腐。濃厚な胡麻の風味とプルプルの食感がウレシイ一品です。

(写真・右)ふぐ刺しをたっぷりの博多ネギと一緒に頂きます。湯引きした皮の部分がプリプリしていてこれまたシアワセの食感。写真が1人前の量です…毎回びっくり。

Hatase_05_edited Hatase_06_edited Ume_02






(写真・左)鯨の皮とかつお菜をさっと煮付けてあります。臭みもなく、さっぱりと頂けました。

(写真・中)やっぱり最後はふぐのお出汁たっぷりの雑炊で〆です。これを頂くと、気持ちもおなかもホッとします。

(写真・右)またお酒を程よく頂いて、ほんわか気分でふぐの唐揚げや食後のデザートなどなど写真を撮り忘れてみたので、ちょっと珍しい緑梅の写真など。

ご主人もいつも優しく迎えてくださって、奥さまとお嬢さまのサービスもスバラシイ。

こちらのふぐのコースが8,000円…リーズナブルにふぐを食べたい方にオススメです。

旬菜処 畑瀬
福岡市中央区薬院2丁目3-31
TEL: 092(714)3385

大好きな人たちと美味しいお食事を頂く時間って本当に大切だなと実家に帰ると改めて思います。

そんなこんなで私好みのお店のご紹介はまだまだ

つづく


« やっぱりフクオカ | トップページ | ハゲの湯でひとやすみ »

コメント

福岡のイタリアン気になる。
帰ったらぜひ行ってみたいです。

そのうち向こうで飲み食い&馬鹿騒ぎしたいですね。
〆はもちろんラーメンで^^

個人的には糸島めぐりをしてみたい私です。

投稿: TKC | 2007年4月12日 (木) 16時34分

福岡イタリアン、なかなか気になるでしょ。
TKCくんも帰省の際にはぜひ♪

そうそう、この前帰ったときに糸島巡ってきました。
実は糸島に土地を買おうか計画があったりして…
さすが【リタイアして住みたい島No.1】って感じで
とっても住みやすそうだったよ^^

投稿: hana | 2007年4月12日 (木) 16時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99315/14641975

この記事へのトラックバック一覧です: 続:フクオカ:

» 警固の「akka punto effe(アッカ プント エッフェ)」素材にこだわりのリストランテ [あさぴーのおいしい独り言]
「akka punto effe(アッカ プント エッフェ)」は、前職が店舗設計 [続きを読む]

受信: 2007年6月12日 (火) 20時01分

« やっぱりフクオカ | トップページ | ハゲの湯でひとやすみ »