« ハゲの湯でひとやすみ | トップページ | 山菜バンザイ »

フクオカ最終章

やっときましたフクオカ最終章。

3月初旬の話を4月末まで引っ張るのもどうかと思いつつ、最後はちょっと福岡のフレンチ話などさせて頂きます。

さて、東京と比べると絶対数が少ない福岡フレンチ。

福岡では新鮮な食材が手に入るので

【仕込みで勝負のフレンチ<食材で勝負のイタリアン】

なんて方程式が成り立つのではないかとも言われております。

でも、個人的には福岡フレンチっておもしろいと思うんです。

正統派フレンチとはちょっと違うアレンジがきいていてフレンチ苦手な方にもさっくりと受け入れられる。

新鮮な食材を使った野菜たっぷり福岡フレンチの中でも私のオススメがFujiwaraです。

こちらも母憲子のお気に入りのお店で私も帰省する度にお邪魔しています。

藤原シェフの食へのこだわりがお料理すべてに現れていていつもサプライズの連続です。

それだけ聞くとシェフは職人気質の怖い方のような気がしますが、実はお客様とのコミュニケーション大好きな方でカウンターではいつもにこにこ。

天神のど真ん中でうちの母憲子から

「愼吾ちゃぁぁぁ~ん、元気ぃぃぃ~?」

と大声で5m先から呼び止められてもいつもにこにこ。

人間的にもステキな藤原シェフのお店ご紹介…と思ったのですがFujiwaraにまつわる話しはたくさんあるのでまた今度させて頂く事にして。

今回は福岡フレンチに+αの要素が入った西中洲にあるRALPH(ラルフ)をご紹介します。

フレンチとご紹介するよりはお鮨のお店とご紹介した方がいいのか…と迷ってしまうこちらのお店。

オーナーシェフでいらっしゃる本岡シェフは福岡の調理師学校を卒業後、LAの某有名鮨店で5年ほどSUSHIシェフ、後パリにて現在のパートナーである佳奈枝シェフと1年ほどケータリングシェフをやっていらして、昨年西中洲にRALPHをオープンされたというおもしろいご経歴の持ち主です。

お料理のスタイルはヌーベルジャポネと言いたいところですが、しっかりと和食部門とフレンチ部門にわかれており、和食部門は本岡シェフが担当、フレンチ部門はパートナーである佳奈枝シェフが担当されています。

和食とフレンチが両方頂けるという事でわくわくしながらこの日は6,000円のコースを頂きました。

Ralph_01_edited_1 Ralph_02_edited_1

Ralph_04_edited






(写真・左)カウンター席のテーブルは和紙が引き込まれていておもしろい造りになっています。テーブルセッティングもシンプルでステキ。

(写真・中)前菜は和テイスト。スペースを生かした盛り付けもアートですが器がまたスバラシイです。

(写真・右)お魚料理はスズキのポアレです。アサリとベーコンから出た旨みが春野菜にしっかりと絡んで口の中に入れると春の香りがふんわり広がります。

Ralph_05_edited Ralph_06_edited

Ralph_08_edited






(写真・左)お造りは大ぶりな厚い器に盛られてやってきました。私たち親子のワガママにより、ちょっと炙ったり、ちょっと〆たりと丁寧なお仕事がしてあります。ローズソルトで頂くとまた美味しさが引き立つ一品。

(写真・中)雲仙ブランドの豚のグリエです。ポークはジューシーに仕上げられ、フレンチの代表格であるポルトワインソースがぴったり。実はこの後にトロの炙りやしめ鯖など握り3貫とリクエストで巻物が出るので、「濃厚ソースに舌が負けそう…」なんて思っていたのですが、ポルトの甘酸っぱい爽やかな香りのみが残り後味はすっきり。握りも美味しく頂けました。

(写真・右)デセールは5品ほどから選べますが、私はモンブラン風ガトーショコラをチョイス。グラス(アイスクリーム)も選べるのでマロンのアイスを添えてマロン尽くしでいただきます。かなりのボリュームですが、一気に食べ終えてしまいました。

和食の世界は引き算、そしてフレンチの世界は足し算なんてよく言われますが、その引き算と足し算のバランスがきれいに取れていてびっくりしました。

母憲子からお料理の内容を聞いたときに

「交互に出てくるとフレンチのプラス力に和食のマイナス力が負けちゃうかも…」

なんて思っていたのですが、見事に嬉しい裏切りを頂ました。

ということでhanaのRALPHの星の数 【★★★★☆】

LAでSUSHIシェフをやっていらしただけあってカウンター内パフォーマンスも素晴らしい。

お客様と楽しくお話しされながら、綺麗なお仕事をされる方です。

コストパフォーマンスも素晴らしく、このお料理内容だとかなりお酒を飲んでもらわないと採算が合わないのでは…と勝手に心配したくなるほどです。

お店の内装もお食事をするというよりはお酒を頂くスペースという感じで、真夜中過ぎるとバーに変身というのも納得。

福岡の食のシーンも日々進化を遂げていてスバラシイとひとりで感動。

そんなこんなで長々とフクオカ3部作(プラスおまけ温泉)にお付き合い頂きありがとうございました。

これでめでたく

おわり


« ハゲの湯でひとやすみ | トップページ | 山菜バンザイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99315/14852824

この記事へのトラックバック一覧です: フクオカ最終章:

« ハゲの湯でひとやすみ | トップページ | 山菜バンザイ »