« サイアムでマジェスティックナイト | トップページ | ひらすって… »

しふくなヒトトキ

数週間前になりますが、福岡から母憲子が上京しておりました。

私は自分で“食いしん坊”自負しておりますが、母憲子の場合は“食いしん坊”なんてかわいいレベルを超越中。

その食への執着心にはいつも驚き、思わず感心してしまうことも多々あります。

本業ニットデザイナーなのに気づいたら料理研究家の名刺を持ってたり、パーティーなどで自分が作った料理を褒められると「えっ、じゃぁ通販したら売れるかしら…」なんて言い出したりするので娘としてはいつも冷や冷や。

おかげさまで暑い夏も涼しく過ごせてます。

しかし、母憲子のお店を選ぶ嗅覚は長年培われてきただけあってほぼハズレがないんです。

ステキなお店があると準備中の札を無視してお店の扉をがらりと開け「メニュー見せていただけますか」と仕込み中の兄さん方の邪魔をしてしまいます。

そんな母憲子が神楽坂をお散歩していて見つけたお店 懐石 神楽坂しふく

今回は母友数名と共にお野菜たっぷりの旬菜コースを頂いてきました。

Shifuku_01_edited

 

 「トマトマト…」




まずは先付けのフルーツトマト丸焚きです。スライスしたアスパラが添えてあり、目にも鮮やか。とろとろのお出汁と共に頂きます。

Shifuku_02_edited

 

 「ちょっとイタリアンカラーです」




八寸は季節のお野菜たっぷりです。そら豆の端をちょっと落として立たせてあったり、お茄子にもちゃんとたねが射込んであったりとご主人の細かいお仕事が目にも舌にもウレシイ。ちなみに北海道のお友達はヤマモモを口にしてちょっとびっくりしてました。北海道にヤマモモがないという事実に私もびっくり。

Shifuku_05_edited

 

 「お椀の塗りもステキです」




椀盛はうなぎの白焼きを清し汁仕立てにしたものです。白瓜も椀物に使われるのねと納得してしまいました。じゅんさいのつるりん食感も楽しいのですが、うなぎにちょっと臭みがあったのが残念です。

Shifuku_06_edited

 

 「シンプル・イズ・ザ・ベストということで…」




焼き物は伊佐木(イサキ)の塩焼きです。ちょっとすだちを搾っていただきます。焼き加減がちょうど良く皮目もパリパリと香ばしく頂きました。

Shifuku_07_edited

 

 「ちょっとアーティスティックです」




箸休めはなぜか京ざる豆腐。「このタイミングにこの量…」とちょっとテンション下がってしまったのですが、一口頂いてみると大豆の香り豊かでなんともふくよかなお味がします。お塩もかけずにパクパクと見事完食です。

この後にお食事とデザートのシャーベットを頂いたのですが、すっかり写真を撮るのを忘れていました。

美味しいお酒を頂くと大体お食事辺りから写真を撮り忘れるいつものシークエンス。

一生治らない気がします。

ということで、hanaの懐石 神楽坂しふくの星の数 【★★★★☆】

コストパフォーマンスは可もなし不可もなしというところですが、全体的に見るとバランスは良かったと思います。

もうちょっと器にもこだわって頂けると個人的には嬉しかったのですが…でもお若いご主人なりのこだわりなのかなという気もします。

帰りにちょっとだけル・トランブルーに寄って軽くワインを頂きました。

「もう一杯だけ」的なお店がたくさんあるのも神楽坂の魅力でもあり。

以前ちょっとだけ住んでいたのですが、やっぱり大好きな街です。

帰りに五十番の肉まんを買って帰りたくなる。

やっぱり食いしん坊な私です。


« サイアムでマジェスティックナイト | トップページ | ひらすって… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99315/15947794

この記事へのトラックバック一覧です: しふくなヒトトキ:

» デザートについて [デザートランド]
デザートについて [続きを読む]

受信: 2007年7月30日 (月) 19時54分

» デザートの通販 [デザートランド]
デザートについて [続きを読む]

受信: 2007年7月30日 (月) 20時42分

« サイアムでマジェスティックナイト | トップページ | ひらすって… »