« 師匠と鱧とみずの実と | トップページ | カイークパスタ »

ダニエルさんち

気づいてみればあっという間に9月も最終日。

前回に引き続き、時期的にもギリギリセーフということで(?)夏の思い出をもうひとつ書かせて頂きたいと思います。

以前、南青山のバーラジオ(詳しくはあけましてバスキン・ロビンズ参照)にて純子シェフの大事なアシスタントを務めていた歌ちゃん。

実は今年の初めからパリへ修行に出かけておりました。

「7月に一時帰国するから!」という連絡を受けてわくわくで待ち合わせたのが、歌ちゃんのお仕事先 in パリを紹介してくださったダニエル・マルタンシェフのお店、昨年10月に麻布台にオープンしたL'espadon(レスパドン)です。

お店はロシア大使館のお隣の道を入ってすぐですが、ちょっとわかりにくいため歌ちゃんがエントランスの前で待っていてくれました。

久々の再会を喜びつつ、階段をきゃーきゃー言いながら降りつつ、地下の店内へ。

スタイリッシュなデザインにダニエルシェフのビジネスセンスを感じつつ、シンプルなMenu du Jourのコースを頂きました。

Daniel_01_edited

 

 「また撮る前に食べられました~」




前菜にはリエットをチョイス。歌ちゃんはパテのチョイスだったのでシェア協定を持ちかけて仲良く半分こです。リエットの塩も落ち着いていてこれぞ好い加減。パテはちょっとお塩がきつかったのですが、バゲットと一緒に美味しく頂きました。

Daniel_02_edited

 

 「ほろほろしてます~」




メインはお肉料理にしてほろほろ鳥のグリエを選びました。ソースもばっちりお味が決められていて、これぞTHE・フレンチ!という感じです。ダニエルシェフが正統派フレンチを継承していらっしゃるのがよくわかります。

Daniel_03_edited

 

 「三つ巴です~」




デセールは桃のソルベ、クレーム・ブリュレ、フルーツのジュレで爽やかに。クレーム・ブリュレは濃厚ですが、ソルベとジュレがさっぱりなのでちょうどいいバランスです。

食べ終えた頃にダニエルシェフがご挨拶に来てくださいました。

在日期間が長くても日本語シャベレナーイ的な外国人の方もたくさんいらっしゃいますが、ダニエルシェフは語学のセンスばっちり。

ビジネスセンスにも長けていらして、コンサルや料理学校など様々な食のシーンに携わっていらっしゃいます。

Daniel_04_edited

 

 「とりあえず記念撮影もしてみました~」




ダニエルシェフの正統派フレンチをぜひ…オススメです。

L'espadon(レスパドン)
東京都港区麻布台2-3-20 豊栄ビルB1F
TEL: 03-5114-2893

美味しいお食事と歌ちゃんのプチパリジェンヌ的な雰囲気にすっかりインスパイアされて沸々と湧き上がる【行きたい…パヒィ…】願望。

しかし、若かりし頃のように「オヴァ~」と海外逃亡する訳にはいかない年齢になってきた今日この頃。

レスパドンやバーラジオにお邪魔してこの海外逃亡欲を満たしたいと思います。


« 師匠と鱧とみずの実と | トップページ | カイークパスタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99315/16619481

この記事へのトラックバック一覧です: ダニエルさんち:

» ビタミンが足りないらしい… [サンプル・サンプル]
初めまして☆interestingなブログでしたので、トラックバックさせていただきました。ご迷惑でしたら、申し訳ありません。 私のブログでは、趣味で無料商品を提供している企業を集めて記事にしています。よかったらどうぞ☆... [続きを読む]

受信: 2007年9月30日 (日) 22時10分

« 師匠と鱧とみずの実と | トップページ | カイークパスタ »