« ダニエルさんち | トップページ | デビルの舌 »

カイークパスタ

3年前の今頃、私は北キプロスの首都であるニコシアにお菓子留学をしておりました。

先日、フードコンサルタントの方とお話をしていたら、ふとしたことからキプロスの話になり、

「じゃぁ、ちょっとキプロスの写真送ってもらえるかな?」

とお願いされてみました。

「どこだったっけ…」

と思って探してみると、膨大な数のデータが2枚のCD-ROMに収められていてびっくりぎょうてん。

当時、お友達のお店のメルマガに連載させてもらっていた【HanaのキプロスCOOKING紀行】なるコラムまで発見してこれまたひとり驚愕。

ちょっと懐かしいので、キプロスのお菓子のご紹介などしてみようかと思います。

Pict0402

 

 「カイークパスタと申します。」




北キプロスの代表的なお菓子でカイークパスタ(Kayrk pasta)と言います。トルコ語でカイークは【ボート】、そしてパスタは【お菓子】という意味なので、【ボート型の焼き菓子】というところでしょうか。ナッツの国キプロスならでは、たっぷりのアーモンドプードルが使われています。

Pict0556 

 

 「マジパンでーす。」



今まで何度となくヨーロッパ各国でマジパン(badem ezmesi)を食してきましたが、実はあまりお近づきになりたくない味…。でも、このマジパンは違うんです。収穫したばかりのアーモンドの殻を砕き、お湯でサッとボイルして渋皮をむきます。それをすぐにペーストにして作っていくので、アーモンド特有の臭みがなく、それでいて風味と香りが素晴らしい極上の一品です。

Pict0398

 

 「かなりおめでたいバスティックです。」




バスティック(bastic)というこのお菓子。実はウェディング用クッキーです。日本でいう紅白饅頭的なかなりおめでたい意味合いを持ちます。こちらもアーモンドプードル100%で焼きっぱなしのマカロン風。

Pict0704

 

 「知名度はきっとNO.1のバックラヴァです。」




中近東のメジャーなお菓子バックラヴァ(baklava)です。パイ生地をたっぷりのバターで焼き上げ、焼き上がりに型からあふれるほどのシロップを…と聞いただけで血糖値が一気に上がりそうですが、かなりの技術を要するお菓子でもあります。幾重にも重なった職人技のパイ生地に感動。

Pict0400

 

 「来ましたよー、エクメクカダイフです。」




ビッグサイズのパンをたっぷりのシロップに浸したエクメクカダイフ(ekmek kadayif)です。
(詳しくはエクメクカダイフ参照)

焼き菓子には必ずナッツが使われて、それ以外はシロップに浸っているという何だかわかりやすいようなそうでもないようなラインアップ。

ホントにスローな国なので、スイーツにも華やかさはないのですがシンプルに美味しい。

何とか、日本でも同じ味を出そうとお気に入りのカイークパスタを何度か試作してみましたがどうしても同じ味にはならず。

素材はもちろんのこと、その土地の気候や風土も味に関係してくるんだなと改めて感じました。

日本でも美味しく食べられるカイークパスタ。

諦めずにもうちょっと頑張ってみようと思います。


« ダニエルさんち | トップページ | デビルの舌 »

コメント

稲井さま

こんにちは、池田宏之と申します

10年程前に北キプロスに長期旅行に出かけたのですが、レフコーサの街でピーナッツと砂糖をまぶしたものを大きな板状にした菓子を鉈で割って売っておりました

私は、これを購入してトルココーヒーと共に持ち帰って一緒に頂いたのですが最高のマッチングでした

このお菓子の名前をご存知でしょうか?

もしご存知でしたら教えて頂けますとこれ以上嬉しいことはございません

不躾な質問大変失礼致しました

草々
池田宏之

投稿: Hiroyuki Ikeda | 2012年8月 6日 (月) 14時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99315/16720329

この記事へのトラックバック一覧です: カイークパスタ:

» 子犬 [子犬]
子犬のボーダーコリー,シュナウザー,プードル他,通信販売サイトのご紹介 [続きを読む]

受信: 2007年10月10日 (水) 18時40分

» ルイ・ヴィトンの首輪 [ルイビィトン館]
ルイ・ヴィトンに犬の首輪がありました。モノグラム柄の高級首輪ですね。 [続きを読む]

受信: 2007年10月10日 (水) 18時54分

» ティーカッププードルはアメリカで誕生した [ティーカップ プードル]
ティーカッププードルはアメリカで誕生した超小型犬です。アメリカの極小犬を愛するブリーダーたちが何代にも渡る小型改良を繰り返して現在に至っているわけですが、ティーカップに入るほどの小さなプードルということで、この名称が付けられました。非常にイメージしやすいネーミングですね。実際、ティーカップに入り前足をカップの縁に乗せているプードルの写真を見たことがある人も多いのではないでしょうか。 血統書にこだわる場合、ティーカッププードルの購入には気をつける必要があります。とい... [続きを読む]

受信: 2007年10月11日 (木) 12時35分

« ダニエルさんち | トップページ | デビルの舌 »