« カイークパスタ | トップページ | もっとキプロス »

デビルの舌

世界的に空前の日本食ブームな今日この頃。

ブームというよりはある程度定着してきたのかなという気がします。

もちろん海外で真っ当な和食を食べることは難しく、まだまだ【日本食スタイル】の定着という感じ。

しかし、さかのぼる事16年前。

私が花の高校生活を送っていたNY州の片田舎で「日本食」と言うと

「日本食ってスシとか言って生の魚でしょー。気持ち悪ーい。」

なんて言われて敬遠される時代でした。

でも、私のアメリカの育ての親であるサリーママとボブパパはなぜかスシ好き。

KAMIKAZEと書いたハチマキを締めて、よくカリフォルニアロールを作ってくれました。

この時点で「小ばかにされてる?」と思いがちですが、ママもパパも至って真剣。

炊飯器を開けると炊きあがったご飯の上にドロドロに溶けた海苔を発見したので何事かと聞いてみると

「だって、seaweedを入れるって書いてあるし…」

そう、実は昆布と海苔を勘違いしてしまっているわけですが、当時の料理本には【昆布・若布・海苔】を【kelp・seaweed・laver】なんて書き分けるセンスはなく、すべてが【seaweed=海草】で終了。

何だか、笑うに笑えない感がありました。

あれから16年。

和の食材もいろんな英訳をつけてもらい、中にはそのままの呼び名で通るものもあります。

最近、英語で料理講師などやらせて頂いていますが、しめじもshimeji mushroomで通せるし、ひじきもhijiki seaweedで通せちゃうしで日本食ブームバンザイです。

ですが、こんにゃくだけはなぜかdevil's tongue、直訳すると【悪魔の舌】なんて呼ばれています。

そんなおどろおどろしい呼び名だけでは飽き足らずelephant foot【象の足】なんてものもあり、ひどい言われようです。

こんにゃくラバーとしては「あのべローンとした感じがいいのに~」とひとり憤慨。

がしかし、よくよく調べてみるとどうやら【悪魔の舌】はこんにゃくの花のことを、【象の足】はこんにゃくの根の部分を指しているらしくこんにゃくそのものの形状とは関係ない様子。

こんにゃくのべローンな感じにすっかり【悪魔の舌】をイメージしてしまい、今度はひとり勘違い。

ごめんよ、こんにゃく。

そんなこんにゃくをリスペクトしつつ、今日はおでんを食べようと思います。


« カイークパスタ | トップページ | もっとキプロス »

コメント

サリーママとボブパパに「一番」のTシャツを送ってあげてください。
しかしdevil's tongueとはよく言ったなw

投稿: tkc | 2007年10月18日 (木) 11時45分

たぶん、ボブパパが【一番】T-shirt持ってたような(笑。
"こんにゃく"ってサウンドがかわいいのでそのまま
英語になってくれないかなと願う今日この頃です。

投稿: hana | 2007年10月18日 (木) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99315/16720886

この記事へのトラックバック一覧です: デビルの舌:

« カイークパスタ | トップページ | もっとキプロス »