« 寒中お見舞い | トップページ | モツ論 »

パラグアイでマカダミア

東京も雪が降り積もりホワイト節分な今日この頃。

ブラジルでお世話になった方からレシピ制作のご依頼を受けました。

「今年、パラグアイでマカダミアナッツが採れたから使ってみてね。」

サンパウロを経由して東京へ運ばれてきた生粋のパラグアイっ子。

Macadamia_edited

 

 「コモエスタス?」




凍結寸前の頭をフル回転させてして和食とか中華とかいろんな料理に合わせて何とか創り上げた6品。

個人的には一番好きだったマカダミアン(?)バーをご紹介したいと思います。

ざくざくマカダミアナッツバー

■材料
【A】
グレープシードオイル 30cc
はちみつ 50cc
【B】
全粒粉 50g
マカダミアナッツ 40g
シリアル(オートミールでもOK) 25g
レーズン 25g
塩 少々

■作り方
① ボウルに【A】の材料を入れ、泡だて器などでしっかりと混ぜ合わせておきます。
② 別のボウルに【B】の材料を混ぜ合わせておき、①のボウルに入れて混ぜ合わせます。
③ クッキングシートを広げた天板に②を平らにならし、170℃に予熱しておいたオーブンで20~25分ほど焼きます。
④ 粗熱が取れたらナイフなどで食べやすい大きさにカットして出来上がりです。

Macadamia_sweets01_edited

 

 「とってもカンタン♪」




今回は「誰でもカンタンに作れるレシピね。」というお話だったのですが、これは中でもかなりのカンタン度を誇ります。

アレンジも自在でマカダミアナッツにプラスしてアーモンドや胡桃を加えても良し、レーズンの他にクランベリーなどのドライフルーツを使っても良し。

朝食に食べるとざっくざくな感じで体が目覚めます。

「大豆の代わりにマカダミアナッツで福を呼び込む策もアリ?」

節分の本日、早速試してみたいと思います。


« 寒中お見舞い | トップページ | モツ論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99315/17940521

この記事へのトラックバック一覧です: パラグアイでマカダミア:

« 寒中お見舞い | トップページ | モツ論 »