« コルコル | トップページ | やっぱりブラジル »

アフロなフレンチ

先日、美味しいモノを食べる会合なるものにお誘い頂きました。

場所は神楽坂にあるアフロフレンチダイニングのTribes(トライブス)さんです。

都内にもアフリカ料理をメインとしたレストランは数軒ありますが、こちらはメディア露出も多く、アフロフレンチの名の通り、アフリカンをフレンチテイストにアレンジしてあるので女性にも人気高しです。

コースはおまかせだったので、ドキドキわくわくで色々なお料理を頂きました。

Tribes_02_edited

 

 「まずはお邪魔します~」




左から時計回りにマトンを使ったケフカ、海老ちゃん入りの春巻き、ダチョウのソーセージです。

ダチョウは今までさっと焼いたものしか食べたことが無かったのですが、ソーセージに変身しているのを見てびっくり。

脂肪分が少ないのでソーセージにしてしまうとジューシー感に欠けますが、ダチョウジャーキーだと思って食べると美味しく頂けます。

Tribes_01_edited

 

「チキンじゃなくって…」




ちょっとわかりにくいですが、ワニのフライです。

揚げ具合も絶妙でワニさんとは思えないジューシーさ。

今回こちらに伺うにあたって「ワニ…きっとでるよね。」とフロリダにてパサパサのワニステーキを食した苦い思い出が頭の中をぐるぐるまわっていたのですが、こちらは全く別物です。

食感はもちろん、中に挟んであるチーズとハムがワニの淡白さを補ってお味も良いバランスで大満足。

Tribes_03_edited

 

「最古のパスタなんて言われてます~」




ザ・アフリカ料理のクスクスです。

さすが、Tribesご自慢の一品だけあってストレートにアフリカ料理の美味しさをガツンと表現していただきました。

お料理もさることながら、こちらのドリンクのセレクションがまた素晴らしいんです。

ビールは国別に分けられ、ちょっとめずらしいケニアのやし酒なんていうのもあります。

モロッコやチュニジアのビールをひとしきり飲んだ後にワインで悩んでいるとオーナーの石川さんから「こちらのワインは売り上げの一部がカラハリライオンの保護に使われるんですよ」とのお言葉が。

罪悪感少なくお酒が飲めるかしらとオススメそのままにカラハリライオン…じゃなくてガーディアンピークをオーダー。

ライオンラベルとにらめっこしながらもその口当たりの良さについついグラスがすすみます。

ということでhanaのトライブスの星の数 【★★★☆☆】

リーズナブルなお値段でエンターテインメント性高いお料理が頂けます。

オーナー石川さんのアフリカントークも必聴です。

初めてお会いする方たちと色々な話に花を咲かせているとあっという間に終電間近。

「ちょっとだけLe Train Blueに寄りたかったのに…」

とぶつぶつ言いながら駅へ走る。

いつまでも大人になれない33歳とある夜のひとコマでした。


« コルコル | トップページ | やっぱりブラジル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99315/41019849

この記事へのトラックバック一覧です: アフロなフレンチ:

« コルコル | トップページ | やっぱりブラジル »