« 島バナナとドラゴンフルーツ | トップページ | 岩さき in 京都 »

蛸八 in 京都

Cafe Hanaを初めて早3年半。

始めた当初は“そこそこ”フードスタイリスティックな日々を綴る事ができていた気がしますが、最近に至っては“そこそこ”備忘録化しております。

そこへ追い討ちをかけるように3ヶ月前に訪問した京都にての夏の思い出を書き足してみる今日この頃。

お付き合い頂ければ幸いです。

実は私、学生時代から20代にかけては年に2度ほど京都に遊びに行っていました。

「京都大好きです!」

と公言して、食道楽の財務担当母憲子にくっつき、朝食は瓢ていさん、ランチは祇園 さ々木さんで、ディナーはオープン当初のよねむらさんだったり。

今思い出してみれば驚きの贅沢京都旅行を満喫していました。

ここ数年はなんだかんだとバタバタしてふと気づいてみればラストビジットから早5年。

これはいけないと思い

「鱧食べに行きたいんだけど…」

と旦那さまを誘って2泊3日の駆け足京都旅行に行ってきました。

夕方に京都へ到着した初日はお友達お勧めの蛸八さんへ。

こちらは新京極にある和食割烹のお店です。

カウンター11席の小ぢんまりとした店内ですが、夕方6時にして既に満席。

一般的に“メニュー”と呼ばれるものはないので、黒板に書いてある食材をチェックして、その料理法をご主人に伺って、「食べたい!」と思えば即オーダーというスタイルです。

Takohachi_01_edited_5

まずは突き出しの玉子豆腐からスタート。

柚子の香りも心地良く、お出汁も美味しい一品です。

Takohachi_02_edited_8

芋茎(ずいき)は和え物で頂きます。

胡麻たっぷりでかなりリッチですが、芋茎のシャキシャキ感と和え衣のネットリ感が良いバランスです。

Takohachi_03_edited_3

小芋のから揚げはほくほくの美味しさです。

愛らしい形が目にも美味しい。

Takohachi_04_edited_5

大好きな鱧は落としで頂きます。

甘ったるくないすっきり味の梅肉がこれまた美味です。

Takohachi_06_edited_3

旦那さまが大好きな烏賊のお造り

Takohachi_07_edited_4

と鯖のお造り

Takohachi_08_edited_4

と蛸のお造りです。

蛸を山椒入りのお塩で頂くのが個人的にはヒットしました。

Takohachi_09_edited_3

最後は穴子を白焼きで頂こう…と思っていたのですが「穴子はすき焼きだけになるんですよ」とご主人に伺って未知の世界にトライ。

ちょっと濃いめのお味ですが酒の肴にはぴったり。

ご主人と奥さま、そして息子さんの3人で切り盛りされるこちらのお店。

常連のお姉さん方が賑やかな雰囲気を作っていらして何ともアットホームな感じです。

ということでhanaの勝手な蛸八さんの星の数 【★★★★☆】

ご主人のお仕事、とても素晴らしいです。

帰り際に息子さんがいらして「すいません、ちょっとうるさくて」とご挨拶してくださいましたが、いえいえとっても楽しかったです。

お隣に座られたおじいちゃまとおばあちゃまがご飯とお味噌汁をオーダーされてゆっくりお食事されているお姿を拝見してほのぼの。

地元の方にも私たちのような一見さんにもとっても優しい蛸八さんです。

Takohachi_05_2

蛸八
京都府京都市中京区蛸薬師通新京極西入ル東側町498
TEL: 075-231-2995

そして、駆け足京都旅行は明日へと

つづく


« 島バナナとドラゴンフルーツ | トップページ | 岩さき in 京都 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99315/42588359

この記事へのトラックバック一覧です: 蛸八 in 京都:

» デリカD:5 中古車 [デリカD:5 中古車]
ニュース!!デリカD:5 中古車のご案内です★ [続きを読む]

受信: 2008年9月26日 (金) 18時58分

« 島バナナとドラゴンフルーツ | トップページ | 岩さき in 京都 »