« 梨もやっぱり | トップページ | フェリチタにてのほほんランチ »

懐かしのブラジル料理

秋も深まりより一層美味しいモノに囲まれるシーズン到来。

秋刀魚の塩焼きに恋し、舞茸ご飯の香りに魅せられ…と和食の世界にどっぷりと浸っていましたが、ここでちょっとブラジルフレーバー登場。

親しくさせて頂いているフードライターさんのご紹介で文京区にて月1回のペースで開催されているブラジルのお料理教室に参加してきました。

講師は日系ブラジル人のフードコーディネーターとしてご活躍中のヒラタマリ先生。

フランスでお勉強されていた事もあってブラジル料理のみに止まらず様々なジャンルのお料理をこなされる素晴らしい先生です。

ひと口に“ブラジル料理”と言っても様々な人種が交錯するお国柄同様、料理の種類も多種多様。

日本でブラジル料理というとシュラスコがまず最初にきて次はフェジョアーダ、かと言ってそのあとに続くものはなく「何となく肉と豆のイメージ」にて終了。

でも、私がブラジルでお世話になっていたベロ・オリゾンテ在住のお友達のママはたっぷりのお野菜を使った料理が得意ですし、お勉強させてもらったサンパウロのレストランではオーナーのビッグママがイタリア系ブラジル人ということでパスタなどのイタリアンメニューも頻繁に作られていました。

地域によっても使われる食材から違うのも当たり前でブラジル料理侮る事なかれです。

そんなブラジル料理ですが、今回はマリ先生が懇意にされているレストランのシェフ直伝ブラジル北東部の地方料理を教えて頂きました。

Mari_03

salada de legumesはブラジルで食されるベーシックなサラダ。
輪切りの白い物体がpalmito(パウミート:やしの若芽)です。

Mari_08

mocofavaはマリ先生一押しシェフの方が経営されるmocoto(モコト)レストランのfava(ファーヴァ:豆)料理ということからこのネーミングがついたそうです。
牛のアキレス腱をメインにベーコンやソーセージなどもふんだんに使われたしっかりした豆料理ですが、脂をきれいに掃除してあるので旨みはあるけど重みはなしです。

Mari_02

彩りも美しいatolado de carneiroは羊の煮込み料理です。
どっしりとした味わいですがナイフを入れた先からほろほろと崩れていく羊はしっかりマリネされてから調理してあるので嫌な臭みもありません。
本当は山羊を使うと聞いて思わず沖縄のひーじゃー(山羊)汁を思い出してしまう今日この頃。

Mari_06

ブロッコリーが入ったご飯arroz de brocolisです。
ご飯もブラジルの食卓には欠かせない一品ですが、日本の“ご飯”の立ち位置とはちょっと違いあくまでもサイドディッシュという感覚。

Mari_09

デザートはmousse de chocolate com cachacaでブラジルの代表的な蒸留酒カシャーサがたっぷり入ったチョコレートムースです。
クーベルチュールにヘビークリームたっぷりのリッチデザートにはブラジル力を感じます。

Mari_05

マリ先生お手製のqueijo(チーズ)をgoiabada(グァバのペースト)とdoce de leite(ミルクジャム)と共にいただきます。
チーズとグァバのペーストは“ロミオとジュリエット”と呼ばれるほど相性が良く、ブラジル滞在中は毎日のように食べていた懐かしい逸品。

Mari_01

お教室はマリ先生のお友達Luisaさんのステキなお宅で開かれますが、当日は日本語とポルトガル語が入り混じり、ケーブルテレビの取材も入って何とも賑やか。

自分の感性だけでお料理教室を開いているとマンネリ化してしまい生徒さんに申し訳ないので定期的に自分自身も他の先生のお教室にも伺うようにしています。

そして、毎回刺激と新しいヒントをたくさん頂きます。

スペシャリティとしているブラジル料理となればその感慨も一入。

でもこの細かいニュアンスの感謝の気持ちをマリ先生に伝えるポル語力をすっかりなくしてしまっていたことに改めて気づいてみました。

「obligada(ありがとう)」以外の+αがどうしても思い出せず。

読書の秋、ポル語の辞書をもう一度読み直したいと思います。


« 梨もやっぱり | トップページ | フェリチタにてのほほんランチ »

コメント

お久しぶり。
いやぁ~どれもこれも美味しそうですね。

ブラジル料理・・・シュラスコ・フェジョアーダ、、、
う~ん何だ。。。あまり出て来ない。。。

でも、「Atolado de carneiro」は食べたことあるな。
知り合いの日系人の奥さんが作ってくれました。
羊があまり得意で無い僕でも美味しく頂けたことを
思い出しました。

食の宝庫、、、ブラジル。。。恐るべし!!

投稿: DYS | 2008年10月27日 (月) 19時39分

 美味しそう。。わたしも食べたーーーい!
ブラジル北東部の地方料理とは、バイーヤ ですか??

あの地方の料理に、必ず使われる、ちょっと、くせのある 葉っぱ??((すみません)) あれ、なんて名前だったかな?? 

ブラジルのサラダは、ほんとに、色とりどりでとても綺麗です!!

投稿: miyu | 2008年10月27日 (月) 22時18分

>DYSさん
お久しぶりです~shine
美味しいモノ大好きのDYSさんなのでお仕事の合間に
現地の食を楽しんでいらしてるのではないかと思いますwine
atolado de carneiro美味しいですよねsign01
サンパウロの食事情をまた教えてくださいhappy01

>miyuちゃん
私もバイーヤ地方だと思ったんだけど聞いてみたら
サンパウロのちょっと上の地方みたいsweat01
メニューもバイーヤっぽくないもんねsweat01
miyuちゃんが好きな葉っぱは日本でいうコリアンダー
(もしくは香菜)でポル語ではコエントロ(coentro)だねclover
危うくスペルを間違うところでしたcoldsweats01

投稿: hana | 2008年10月28日 (火) 10時50分

はなちゃん 久しぶり!
ブラジル料理美味しそうだね--
やっぱり豆や煮込みのイメ-ジくらいしか沸かなかったけど 写真をみると バラエティ-もあるしおいしそう!
世界には色々ありますね
アンテナを常にはらないとね--
色々な食情報 楽しみにしてるよ!!
 

投稿: うたこ | 2008年11月 2日 (日) 00時06分

うたちゃん、コメントありがとう~shine
そして日本語が使えるようになって安心したよcoldsweats01
ブラジル料理って地域によって様々でポルトガル料理
とかアラブ料理の影響が多いんだけど、残念ながら
フランチの影響は受けてないのよねsweat01
次回うたちゃん帰国時には張り切ってフェジョアーダ
作るから食べに来てねheart02

投稿: hana | 2008年11月 2日 (日) 14時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99315/42922453

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしのブラジル料理:

« 梨もやっぱり | トップページ | フェリチタにてのほほんランチ »