« たつみ寿司 総本店 in 福岡 | トップページ | オステリア ピノ・ジョーヴァネアゲイン »

Cache★Cache(カシュカシュ)in 福岡

実家に帰るとどうしても和食に走ってしまう今日この頃。

最近はすっかり福岡フレンチに福岡イタリアンご無沙汰中です。

そんな中

「Fujiwaraにいた子がお店出したみたいだから行ってみない?」

と母憲子からお誘いを受けて、野間にあるCache★Cacheにお邪魔してきました。

オーナーシェフの岩本真由美さんは渡辺通にあるFujiwaraで約3年修行されて、
なんと25歳の若さで独立。

実はすでにオープン3年目を迎えられたとの事で店内は常連さんで大賑わい。

スタッフの方に案内されて席に着くとすぐにシェフがご挨拶に来て下さいました。

母憲子が「私のこと覚えてる?」的なことを伺うと

「もちろんです!忘れるわけないじゃないですか!」

と明るい笑顔。

確かに忘れたくても忘れられないインパクトがあるなと我が母ながら納得。

今回は事前にオススメされた取り分けるスタイルの4,200円コースをいただくことに。

取り分けるのが苦手な母憲子をなだめつつ、早速コーススタートです。

Scimg0084

アミューズはたらば蟹のフランです。
口に入れるとカニさんの余韻を残しながら、すっと消えて行くふわふわのフラン。

Scimg0087

前菜は鮮魚たっぷりの鮮やかなサラダとジュエリーのようなゼリー寄せ。
シェフは大学時代に美術を専攻していらしたとのことでなるほどの仕上がりです。

Scimg0090

そして、前菜命の母憲子は「メイン要らないから前菜アゲイン!」ともうワンオーダー。
シェフごめんなさい。

Scimg0092

サービスで出してくださったカリフラワーのポタージュ。
ほっこりした優しいお味で体が浄化されそうです。

Scimg0095

はっ、またボケてます、写真。
お魚料理はすずきと白子のポワレに春野菜がたっぷり。

Scimg0097

お口直しはグレープフルーツのグラニテです。
ちょっぴり「和」なお皿で供されるとついつい大根おろしかと思っちゃいますが、
そんなことはありません。

Scimg0105

お肉料理は私だけですが鴨ちゃんです。
手羽元部分を赤ワインでじっくりと煮込みにしてあったような。
毎度の事ながら、この辺になるとすっかりほろ酔い気分で記憶も曖昧。
お恥ずかしい限りです。

Scimg0106

デセールはほうじ茶のブランマンジェです。
黒蜜のスープがほうじ茶の香りと絶妙にマッチング。
全体の味わいを深く、きゅっと引き締めてくれます。

ということで、hanaの勝手にCache★Cacheの星の数 【★★★★☆】

女性スタッフの方のサービスがまた素晴らしく、感動です。

お料理のコストパフォーマンスも申し分なく、【味・雰囲気・お値段】のバランスが
しっかりととれたお店でした。

でも…

もうちょっと実家の近くにあったら良かったのにと自分の都合で星4つ。

Cashe★Cashe(カシュカシュ)
福岡県福岡市南区野間4-3-33
TEL: 092-512-1429

目にも美味しい女性シェフの感性が光るフレンチ。

オススメです。


« たつみ寿司 総本店 in 福岡 | トップページ | オステリア ピノ・ジョーヴァネアゲイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99315/44301906

この記事へのトラックバック一覧です: Cache★Cache(カシュカシュ)in 福岡:

« たつみ寿司 総本店 in 福岡 | トップページ | オステリア ピノ・ジョーヴァネアゲイン »