« シンガポール・シーフード・リパブリック銀座(長いです) | トップページ | 圧巻のパンチャン »

petit bateauにて春の集い

春の暖かな日差しに誘われて、週末にランチへ繰り出しました。

学生時代のお友達とそのパートナーのみなさん併せて
総勢14名+ベビちゃん軍団4名の大所帯。

場所は代々木上原のフレンチ「Petit Bateau(プティ・バトー)」です。

先日、同店の笹川シェフに取材をさせて頂いたので、お礼に行かなくては…
と思ってはいたものの、気づいて見れば賑やか過ぎる人数。

結局、貸切でお願いしました。

更なるわがままで「おまかせにワンドリンク込みで5,000円」のリクエストも
快く受けてくださり、変わらず素晴らしい内容のお料理に感激。

シェフのたおやかな感性で美しく彩られるアーティスティックな料理の数々。

ちょっとだけご紹介させて頂きますね。

Cimg1305

Cimg1306

Cimg1308

Cimg1309

前菜は5種類ほど用意してあり、そのどれが自分にサーブされるのか
分からないサプライズ形式です。

でも、苦手なものはお隣のお友達と交換できるので全く問題ありません。

みんなでシェアして色々な味を楽しめる、ある意味贅沢なシステム。

ちなみに私はトップの写真にあるうちわ海老のサラダ仕立てでした。

うちわ海老の美味しさもさることながら、トマトと水ナスの瑞々しさに感動。

Cimg1310

本日のポタージュはカリフラワーです。

自家製の全粒粉プチパンと共に口へ運ぶとやさしい味わいが広がります。

Cimg1313

Cimg1311

Cimg1312

追加でワインをお願いして、すっかりほろ酔い気分ですが、メインも
5種類ほどありました。

それぞれのお皿に共通するのはホワイトアスパラガス。

フランス・ボルドーから春の贈り物です。

ちなみに私のメインは写真トップの肝付豚のプルーン煮です。

とろとろに煮込まれた豚さんですが、肉本来の味の輪郭はくっきり。

肝付豚は月に一度シェフ自ら足を運ばれる鹿児島「えこふぁーむ」さんからの
直送品で、なんとも健康な育て方をされているとか。

Cimg1318

デセールもこれまた数種類ご用意頂きましたが、私にはショコラのプディング
と苺のタルトです。

プディングにもプレーンや紅茶などのフレーバーがあり、プチプリン争奪戦が
繰り広げられ…大人になっても子供心を忘れないミドサー世代です。

実は当日、私のフレンチの師匠である純子シェフがご結婚されたので
旦那さまの御披露目パーティーでもありました。

そこへ、またまたサプライズでケーキを用意してくださった笹川シェフ。

改めて「サービス」が何たるものかをお勉強させていただいた一日でした。

Petit Bateau(プティ・バトー)
〒151-0064 
東京都渋谷区上原1-12-3 サンンフラッツビル1F
TEL: 03-3485-9928

20代の頃とは違い、すっかりみんな落ち着きましたが、素敵に
年を重ねている気がします。

大好きなお友達と楽しく食べるご飯が一番。

本日もおごちそうさまでした。


« シンガポール・シーフード・リパブリック銀座(長いです) | トップページ | 圧巻のパンチャン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99315/44774352

この記事へのトラックバック一覧です: petit bateauにて春の集い:

« シンガポール・シーフード・リパブリック銀座(長いです) | トップページ | 圧巻のパンチャン »