« 最中からの脱出 | トップページ | アメリカン・ビーフ☆ホテルオークラ東京ランチパーティ »

夏の名残のラタトゥイユ

気付いてみるとあっという間に9月に突入でびっくりの今日この頃。

元旦生まれの我がベビゆーたんは今日から生後8ヶ月目に入り、ますます暴れん坊ぶりが絶好調です。

ころころと果てしなく転がり続けるゆーたんのお世話をしつつ、その合間を見て仕事をしつつで日々の家事に中々時間が取れないのですが、実はそんな私に強い料理の味方が。

Scimg1290

大好きなサーモスの真空保温調理器シャトルシェフさんです。

その名の通り、鍋を火からおろした後に保温調理をしてくれるのでゆーたんと遊んでいる間にお料理が出来てしまいます。

というわけで、今回は福島のお友達が送ってくれたお野菜でラタトゥイユを作ってみました。

Scimg1281

かわいくて色鮮やかなお野菜たちが勢ぞろい。

それぞれのお野菜を2cm程度の角切りにして、オリーブオイルで炒め、どんどんシャトルシェフに投入していきます。

Scimg1288

今回はこってりラタトゥイユが好きな旦那さまの為にベーコンを加えて、ナツメグを少々。

ちょっと贅沢にグラス・ド・ビアン(フォン・ド・ヴォーを煮詰めたもの)も加えました。

いつもは鍋を揺らしながら野菜の水分がとろりとしたソースと化すまで10分ほど煮込みますが、今回はシャトルシェフにおまかせです。

Scimg1289

色見もきれいなさっぱりラタトゥイユの完成。

半分は再度火にかけてもう少し煮詰め、濃厚ラタトゥイユにして2種のラタが出来ました。さっぱりラタトゥイユはランチのお供に、濃厚ラタトゥイユはワインのお供にという感じです。

シャトルシェフで調理するとお野菜も煮崩れないのが魅力。

実は9月1日より公開中のサーモス株式会社さんのシャトルシェフスペシャルサイトにて育児ママブロガーとして参加しております。

サーモス愛好家としては嬉しい限り。

育児中のお料理ってなかなか難しいものがありますが、シャトルシェフのおかげでかなりラクをさせてもらっています。

当分の間作る事が出来ないと諦めていたブラジル料理の定番フェジョアーダ(豆と肉の煮込み料理)もシャトルシェフにおまかせ。

根菜たっぷりのお味噌汁も保温調理でまさしくエコ・クッキング。

実はラタトゥイユもかなり久しぶりに作りました。

シャトルシェフに感謝感謝の今日この頃…。

「来年の夏にはワインが飲めるかな…」とぼんやり考えながら去り行く夏をラタトゥイユで惜しむ食べ盛りの母でした。


« 最中からの脱出 | トップページ | アメリカン・ビーフ☆ホテルオークラ東京ランチパーティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99315/49323559

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の名残のラタトゥイユ:

« 最中からの脱出 | トップページ | アメリカン・ビーフ☆ホテルオークラ東京ランチパーティ »