« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

大人も美味しい離乳食

10月も半ばで秋本番の今日この頃。

最近は9ヶ月目に突入したゆーたんの離乳食作りに励んでおります。

と言っても、ちょっとアレルギーの心配があるとドクターに指摘されたので、ゆっくりのんびり離乳食。

私の離乳食作りはsimple is the bestで美味しいお野菜たちをコトコトと煮てすりつぶすだけです。

Scimg1358

ここでもシャトルシェフが大活躍。

有機のにんじんやじゃがいも、かぼちゃを一口大に切って調理鍋にポンポンと投入。

ひたひたのお水を加えて強火にかけ、沸騰したらそのまま5分加熱しますが、途中でキャベツも投入。

あとは火を止めて保温容器に移して15分程度待つだけです。

仕事上、農家さんとお話させていただくことも多く、有機栽培のご苦労を知り、妊娠前は「すべてが有機であれ」と言う主旨ではありませんでした。

でも、妊娠~出産を経て、かなりオーガーニック寄りの生活に…

周りから「よっ、親バカ」といわれてもなんのそので有機のお野菜にこだわる日々。

Scimg1355

じゃがいもとかぼちゃはすりつぶして、キャベツはミルミキサーに活躍してもらって完成。

食材にはこだわれど、調理法はカンタンお手軽でママには有難い限りです。

現在、サーモス株式会社さんのシャトルシェフスペシャルサイトにて育児ママブロガーとして参加しておりますが、シャトルシェフの保温調理ってやっぱり便利。

Scimg1331

にんじんは丁寧にとったお出汁でちょっとのばします。

にんじんの甘味とお出汁の旨みが良いバランスでついついママも食べちゃう美味しさです。

Scimg1240_3 

いつもは鰹だしですが、今回は母憲子が送ってくれたあじでお出汁をとりました。

長崎県雲仙市の小浜にある山口海産さんの乾物は間違いないです。

お出汁をとらずに炙ってそのまま食べるのもおすすめ。

Scimg1359

「おかあさんといっしょ」にかぶりつきのゆーたん。

いくらテレビから離してものすのすと近づいていき、毎朝親子の攻防戦が繰り広げられますがほぼゆーたんの圧勝。

つかまり立ちをする我が子を見て「立った~!」と拍手喝采を送るやっぱり親バカのママでした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

秋の夜長のシンプルプリン

10月に入ってやっと秋めいてきた今日この頃。

涼しくなってお菓子作りが楽しい季節になりました。

お仕事用に大量にクッキーを焼いたりしていますが、家族やお友達の為に作るちょっぴりスイーツって何だか嬉しい。

ということで、今回はシャトルシェフを使ったシンプルプリンの作り方をご紹介します。

Scimg1315

まずはカラメル作りですが、砂糖80gと大さじ2の水を加えて火にかけ、好みの色合いになるまで鍋を回しながら火を入れます。

「ここだ!」と思う色になったら大さじ2の水を加えます。

この時、かなりはねるので注意をしながらまた鍋を回し、お好きな器に流し入れます。

Scimg1316

今度はプリン液を作りますが、人肌に温めた牛乳500ccに砂糖80gを加えて混ぜたものを用意します。

ボウルに卵4個を割りほぐし、砂糖を溶かした牛乳と合わせて裏ごしします。

バニラエッセンスを振り入れて、カラメルを入れた器に流しいれ、3cm程度の水を張った調理鍋に並べていきます。

Scimg1317

水滴が落ちてこないように布巾をかませてふたをして強火にかけ、器が少しことことと踊りだしたら弱めの中火で3分過熱します。

火を止めて保温容器に移した後、30分間保温。

その後は調理鍋から取り出して冷水につけ、粗熱がとれたら冷蔵庫へゴーです。

Scimg1323

なめらかなシンプルプリンの出来上がり。火加減が難しく、うっかりするとすぐにすが入ってしまうプリンもシャトルシェフなら間違いなく美味しく出来ます。

Scimg1324

いつもはプリンカップで作るプリンをお気に入りの器に入れて大好きな銀座たちばなさんのかりんとうを添えて…ちょっと和テイスト。

現在、サーモス株式会社さんのシャトルシェフスペシャルサイトにて育児ママブロガーとして参加しておりますが、シャトルシェフの保温調理は子育て中のママにとっても嬉しい限り。

食欲の秋、離乳食を嫌がらずに食べてくれるようになったゆーたんと共に満喫したいと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »