« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

久々のワックス掛けとホームパーティー

出産を機にお引越しをして早一年。

新築ですべてがピカピカだった我が家も育児に追われて次第に色褪せて来て…

人生最大のお買い物をした割に全然手をかけてあげていないことにふと気付き大反省です。

フローリングの床も数ヶ月に一度の簡易シートワックス掛けでその場しのぎ。

「うーん、どうしよう」と思っていたところにトレンダーズさんのご紹介でリンレイさんの「オール 床クリーナーシート」と「オール ワックスシート」をモニターさせていただきました。

Scimg1427

ワックス掛けの下準備はまずお掃除。

私は毎回クリーナーを片手に雑巾掛けからスタートします。

というのも、ウェットシートはすぐに洗剤液がなくなり、汚れが本当に取れているかどうか心配になるからです。

しかし、雑巾掛けはかなり重労働で抱っこでやられた腰には厳しいもの。

今回はオール床クリーナーシートを半信半疑で使ってみました。

「ベタベタしたり、ホコリがとれなさそう…」と心配していたのですが、日々の生活の汚れが見事に落ちてびっくり。

Scimg1428

トリプルシートで洗剤液をたっぷり含んでいるので約15畳の広さを拭くことができると聞いて納得。

ワックスワイパーもスムーズに操作できて「今までの苦労はなんだったんだろう…」と思ってしまいます。

そしてフローリングがきれいになったらワックスの登場です。

これまた力を入れずにあっという間の美しい仕上がり。

Scimg1430

このつるつる感が4ヶ月も持続すると言うのでかなり嬉しいです。

ゆーたんのお昼寝の間にちゃちゃっとワックス掛けが出来る点も魅力。

久々につるつるピカピカの我が家に感激です。

感激ついでにお友達をご招待して、妊娠中以来ご無沙汰していた1年7ヶ月ぶりのホームパーティーを開催しました。

Scimg1432

私の大好きなシェフがオア(ガチョウ)のテリーヌを作ってきてくださったので豪華過ぎるランチにゲストもわくわく。

育児中は中々外食が出来ないので、こうしておうちで美味しいモノを食べる事が出来るのは本当にシアワセです。

これで、美味しいワインも飲めたら言う事ないのですが、授乳中はガマンガマン。


Scimg1436


ちなみにオールワックスワイパーは普段のお掃除にも使えるので、毎日ベビーギャングと遊びながら楽しくお掃除が出来ます。

「これからも定期的にワックスをかけて自宅で美味しいモノを食べるぞー」と意気込むママhanacoでした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

鮭としめじの秋おこわ

先日、お友達が遊びに来てくれることになり、急遽ランチを作ることに。

冷蔵庫にあるのは塩鮭としめじ…ということでささっとおこわを作ることにしました。

シャトルシェフに登場してもらって、早速調理スタートです。

まずはうるち米ともち米を1:1の割合で合わせて洗います。

調理鍋にお米と水を入れて、30分ほど浸水させます。

その間にしめじは小房に分け、さっと炒め、酒と醤油を加えて少し濃い目の味付けに。

塩鮭はグリルで焼いて骨を除き、ほぐしておきます。

お米の浸水が完了したところで調理鍋を火にかけ、沸騰したら火を弱めて8分加熱。

保温容器に入れて15分以上保温します。

Scimg1365

あ、急ぎすぎて酒と昆布を加えるのをすっかり忘れていました…。

でも、炊き上がりはぴかぴかとふっくら美味しそうです。

ここにしめじと鮭を加えて、おしゃもじで切るように混ぜ合わせ、ふたをして15分程度蒸らします。

Scimg1368

お塩で味を調えて、鮭としめじの秋おこわの完成です。

彩りにどうしても緑が欲しかったので、夏の名残の枝豆さんも参戦。

もちもちの美味しさに感動しつつ、お友達にも喜んでもらえてほっと一安心。

現在、サーモス株式会社さんのシャトルシェフスペシャルサイトにて育児ママブロガーとして参加中です。

土鍋で炊くご飯も大好きですが、お手入れカンタンのシャトルシェフは忙しいママの強い味方。

Scimg1384

食後は福島の大好きなお友達が送ってくれた梨をいただくことに。

一見、普通の梨に見えますが…。

Scimg1385

なんとびっくりゆーたんの頭と同じくらいの大きさの「かおり」ちゃんは1個の重さが900g!

栽培方法がとても難しく、収穫量も少ないため「幻の梨」とも呼ばれているのだそうです。

とってもジューシーで食感も良く、まさしく理想の梨。

毎年、美味しく珍しい果物を送ってくれるお友達に感謝感謝です。

ゆーたんに梨をすりおろして食べさせましたが、どうも食感が苦手らしく…残念。

秋おこわと幻の梨でひとり食欲の秋満喫中のママhanacoでした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

3時のおやつはけし餅

ブログを初めて以来ずっと放置していたプロフィール写真。

先日、カメラマンさんに写真を撮ってもらったので5年半ぶりの更新です。

妊娠前からお仕事をご一緒させていただいていたイケメンカメラマンの伊東武志さん。

出産後に久しぶりにお会いしたら開口一番「ママの顔になりましたね~」と言われてしまいました。

確かに心身ともに丸くなった気がします。

ママの顔になったついでにプロフィールも更新してみたりして。

ふっと一息ついたところで3時のおやつはお友達に頂いた堺名産、小島屋さんのけし餅です。

Scimg1413

お行儀良く並んだお姿にほのぼのしてしまいます。

Scimg1417_2 

けしの香ばしい香りがたつまで軽く炙って食べるのがお気に入りです。

「けしの実」と言うと思い出すのが、アメリカで良く食べていたpoppy seed muffin(けしの実のマフィン)。

大好きなニューヨークのママが

「運転する前にpoppy seed muffinは食べないんだ」と言うので、

「どうして?」と聞くと

「もし違反して捕まっちゃったりして検査されると麻薬反応が出るから」と言ってました。

18年も前の話ですが…真偽の程を確かめてみたい今日この頃です。

| コメント (4) | トラックバック (0)

ソーセージ三昧

すっかり秋めいて肌寒くなってきた今日この頃。

先日、私がレシピの監修をしておりますOCNお弁当クラブにて、お弁当のレシピを作って下さっている一般公募のスタッフさんとの交流会がありました。

かなり久しぶりの講義にちょっと緊張。

OCNお弁当クラブ交流会!

でも、全国からお集まりくださったスタッフのみなさんと楽しい時間を過ごす事が出来ました。

お弁当作りに行き詰まった時はちょっとOCNお弁当クラブをのぞいてみて下さいね。

と、お知らせも終わったところで…

先日、近所で岩手の物産展が開催されていたので家族お出かけしてきました。

色々なブースが出る中、旦那さまが目をつけたのは「いわて蔵ビール」さんのオイスタースタウト。

「一関ミート」さんのハムステーキと共にオイスタースタウトを美味しそうに喉に流し込む旦那さまを横目で眺めつつ、かれこれ1年半もアルコールを断っている私は食に走り、ソーセージとベーコンをお買い物。

Scimg1392

ちなみに先日作ったフェィジャオンも「一関ミート」さんの荒挽きソーセージで作りました。

でも、私が一番好きな食べ方はやっぱりボイル。

Scimg1409_2

熱々のところをお友達に頂いた「関口フランスパン」さんのセサミブレッドと共にいただきます。

Scimg1410

お気に入りのタスマニア産ホットウィスキーマスタードも添えて。

授乳中で体重が増えないのを良いことに肉肉しい日々を送るママhanacoです。

Scimg1419_2

ベーコンは今が旬のオータムポエムと共にさっと炒めて夕飯のおかずになりました。

有機のオータムポエムは甘くてしゃきしゃきの美味しさ。

旨みたっぷり、カリッと仕上げたベーコンとベストマッチ。

来年はオイスタースタウトと共にソーセージ満喫したいと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

懐かしのフェイジャオン

私の大好きなメニューの中にブラジル料理のfeijao(フェイジャオン)という料理があります。

最近、少しずつメジャーフードの仲間入りを果たしているブラジル料理。

「フェジョアーダ」と言うと「あ、豚肉と豆の煮込み料理だね」なんて言われて嬉しくなってしまいます。

でも「フェイジャオン」はまだまだ知られておらず…。

実はブラジルの家庭では毎日のように食べられているシンプルな豆料理です。

秋本番で食欲も絶好調の今日この頃。

いつもは圧力鍋で作るフェイジャオンを今回はシャトルシェフを使って作ってみようと思います。

まずはカリオカ豆と呼ばれるうずら豆の一種を200g用意し、しっかりと洗って一晩水に漬けます。

豆をざるにあけ、水500ccと共に調理鍋に入れて沸騰させ、アクが出てきたら除きながら中火で約10分加熱します。後は保温容器に入れて2時間保温。

Scimg1363

炊き上がりはふっくらでしっかりとお豆の形が残っていますが、フェイジャオンはお豆が崩れたぐらいがちょうど良いので半量をミキサーにかけます。

別鍋にサラダ油を入れてみじん切りにしたにんにく1片と玉ねぎ1/2個を弱火で炒め、香りが出たらソーセージ100gも加えます。

さっと炒めたところに煮上がったお豆、ローリエ1枚、コンソメ(固形)1個、塩、こしょうを加え、再度弱めの中火で焦げ付かないように注意しながら5分ほど加熱し、保温容器に入れて1時間以上保温。

Scimg1376

お手軽フェイジャオンの完成です。

farinha de mandioca(ファリーニャ・ジ・マンジョカ)と呼ばれるマンジョカ(キャッサバ)芋を粉にして乾燥させて炒ったものをかけていただきます。

懐かしい味わいに日々の忙しさを忘れ、心も体もほっこり。

現在、サーモス株式会社さんのシャトルシェフスペシャルサイトにて育児ママブロガーとして参加中ですが、シャトルシェフのおかげでほっこりできる時間が増えて嬉しい限り。

Scimg1378

食後のデザートはdoce de leite(ドセ・ジ・レイチ)と呼ばれる牛乳とクリームを煮詰めて作ったお菓子。

日本で言うミルククリームの元祖的存在だと思います。

この夏に母がアメリカとブラジルへ遊びに行っていたのでお土産に買って来てくれました。

「リオで開催される4年後のワールドカップと6年後のオリンピックにも行くんだ~」と大張り切りの母。

そんな母を横目で見ながら「私もワールドカップ休暇をとってゆーたんと渡ブラしようかしら」と目論むママhanacoでした。

| コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »