« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

Osteria Incroci(オステリア インクローチ)再訪 ~福岡イタリアン~

先日、長崎からお友達が遊びに来てくれました。

以前はお料理教室の生徒さんとしてお教室に来てくださっていたのですが、その後旦那さまの転勤で長崎へ。

まさか福岡で再会する事になるとは…とびっくりですが、不思議なご縁で仲良くさせて頂いています。

そんな彼女は美味しいモノ大好き。

初来福とのことでランチの場所を散々悩みましたが、結局当日台風接近中につきの大雨でアクセスの良いインクローチさんに伺いました。

ということで、また前菜、パスタ、メイン、デザートで1,800円のコースをお願いしました。

Cimg1796

前菜は鶏むね肉のパテです。
むね肉とは言えども、パテ仕立てなのでもちろんしっとり。
添えられたビーンズサラダがまた美味しい。

Cimg1797

パスタはまたオイル系をチョイスしてえびとキャベツのパスタです。
今回もバジルとローズマリーフレーバーで前回と味が変わらなかったのが残念。

Cimg1798

メインは豚ひれ肉のピカタです。
本日ゆーたんを預けてきたので焦る必要がないのにうっかりナイフを入れてしまいました。
パルミジャーノたっぷりの卵衣にバルサミコソースで頂くピカタは家庭で作るピカタとまた違った美味しさ。

Cimg1799

ドルチェはパウンドにミルクジェラートが添えられてやって来ました。
ミルクの豊かな味わいに心もお腹も大満足です。

再訪して気づきましたが、チョイスする料理によってパスタやメインのソースがあまり代わり映えしないのがちょっと残念。

でも、全体的なバランスとしては素晴らしいので個人的にはお気に入りです。

Osteria Incroci(オステリア インクローチ)
福岡県福岡市中央区大名1-14-13 プラザホテルプルミエ B1F
TEL: 092-724-3000

うちに帰るとゆーたんが走ってお出迎えかと思いきや、スーパー不機嫌。

どうやら置いていかれたのが嫌だったみたいです。

「1歳5ヶ月にして置いていかれたのがわかるんだぁ」とむっとしているゆーたんを眺めてにやにやしてしまう母でした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

Osteria Incroci(オステリア インクローチ) ~福岡イタリアン~

先日、お出かけついでに急にイタリアンが食べたくなり、母憲子オススメのイタリアンへ。

お電話してゆーたんがいる旨を伝え、「騒いだらすぐに帰りますっ!」と宣言して伺いました。

地下へ続く階段をベビーカーを抱えて下りると店内は大盛況。

きれいなお姉さんがたくさんいるのでゆーたん大興奮。

今回は前菜、パスタ、メイン、デザートで1,800円のコースをお願いしました。

Cimg1758

メインはモルタデッラ…

Cimg1759

だけかと思いきや、中にクスクスのサラダが潜んでいました。
モルタデッラの塩気とクスクスの酸味が好相性でビールにぴったりの一品。

Cimg1761

やりいかとキャベツのパスタはローズマリーとバジルの香り豊か。

Cimg1760

母憲子がオーダーしたトマト系パスタにはハムがゴロゴロ。
親子で行くとフツーにお皿ごとシェアして食べられるのがちょっと嬉しかったりします。

Cimg1763

メインには穴子のフリットをオーダー。
さっくりと揚がったフリットに添えられたお野菜たちもまた美味しい。

Cimg1762

糸島豚で作られたソーセージはボリュームたっぷり。
旨みがぎゅっと詰まった味わいで一気に満足度アップです。

Cimg1765

ドルチェはココナッツミルクに浮かぶ爽やかなマンゴージェラート。
ミルクに潜むパウンドがドルチェの存在感を後押しします。

個人的に素晴らしいコストパフォーマンスだと思いますが、以前はこちらのコースが1,500円で提供されていたようです。

サービスのお姉さんもとっても優しくて、ゆーたんも至福のひと時でした。

Osteria Incroci(オステリア インクローチ)
福岡県福岡市中央区大名1-14-13 プラザホテルプルミエ B1F
TEL: 092-724-3000

Cimg1788

「お姉さんとあじさい…甲乙つけがたし」と思っている(であろう)ゆーたんでした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

サンドイッチはやっぱり玉屋 ~佐世保おやつ~

先月、私の生まれ故郷である長崎県の佐世保市に行ってきました。

ゆーたんと一緒にJRで博多から2時間の2人旅。

目的はじぃじ&ばぁば訪問と大好きなおじちゃま&おばちゃま、従兄弟たちへのゆーたんお披露目(?)です。

といいつつ、私のもう一つの目的は佐世保玉屋のサンドイッチ。

Cimg1745

小さい頃から慣れ親しんだ玉屋のサンドイッチはマヨネーズが甘くてやわらかく、どちらかといえばドレッシング寄りです。
稲井家ではまずサンドイッチを軽く押して、マヨを落としてから食べるのが定番でした。
シンプルなハム、レタス、トマト、ゆで卵のコンビネーションも嬉しい。

Cimg1746

そして50年ぶりに復活したと言う回転玉屋まんじゅうなるものを発見。
ふんわり生地に不思議な黄身餡がベストマッチのなんとなく懐かしさを感じるお味です。

ゆーたんにサンドイッチを渡しましたがマヨにどうしても馴染めないらしく、断固拒否されました。

ご機嫌取りに九十九島水族館"海きらら"へ。

Cimg1744

「サンドイッチよりヒトデ」のゆーたんでした。

| コメント (2) | トラックバック (0)

石堂橋白つぐ ~福岡和食~

先日…と言っても1ヶ月ほど前になりますが、母憲子&仲良しのお友達母娘と共に久しぶりの石堂橋白つぐさんに行ってきました。

もちろんゆーたん付きなのでランチタイムに。

白つぐさんへ到着前になんとかゆーたんを寝かしつけてほっと一安心。

今回は3,500円のコースでお願いしました。

Cimg1673

前菜は5種盛り合わせです。
雲丹の上に乗せられた生の花山椒。
初めて食べましたが香りはもちろん、その食感も楽しめます。

Cimg1674

椀種ははもですが、椀妻は筍に菜の花、新わかめと春らしい取り合わせでした。
シンプルに美味しいと思える一品。

Cimg1675

お造りは7種でいつもの賑やかな盛りです。
女性4人できゃっきゃきゃっきゃと騒ぎながら取り分けます。
と、ゆーたんが速攻で起きてしまったので、この辺からあやしながらの食事で何を食べたのか危うくなっていますが…。

Cimg1676

焼き物はいさきです。
ちょっと塩がきつかったのが残念。
お酒の肴でももう少し薄めの方が個人的には好みです。

Cimg1677

酢のものはじゅんさいでさっぱりサラダ仕立て。
初物は美味しいですね。
プルプルつるっののど越しが嬉しい一品です。

Cimg1678

かなぎの混ぜご飯です。
かなぎはいかなご(玉筋魚)の事で地方によってはこうなご(小女子)とも呼ばれます。
心もほっこりのお味です。

Cimg1679

デセールはいちご尽くし。

Cimg1680

とカフェ・マキアート。

ということで久しぶりにhanaの勝手な石堂橋 白つぐの★の数 【★★★☆☆】

3年振りの帰福で3年振りに白つぐさんにも伺ったわけですが、店内や厨房にちょっと活気が感じられず…。

お料理も残念ながらちょっと味にばらつきがあり、「記憶に残る一品」がなく…。

ご主人のセンスは素晴らしいと思うのでまた頑張っていただきたい【★★★☆☆】です。

石堂橋 白つぐ
〒812-0035
福岡市博多区中呉服町10-1
TEL: 092-400-3569

おひげのサービスのお兄さんにボールで遊んでもらったゆーたん。

スーパー大騒ぎしてしまったにもかかわらず、優しく接していただいて感謝です。

Cimg1698

博多どんたくでもらったこいのぼりを手にまだまだ遊ぶ気まんまんのゆーたんでした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »