放射能汚染~食材の選び方と調理法、そしてその難しさ~

やっとの帰京のご報告から早4ヶ月…。

東京での暮らしを再スタートさせた訳ですが、関東で安全な食材を調達する難しさに直面して愕然としました。

本当に東北や関東の農家の皆さんには申し訳ないのですが、食の仕事に携わる者として、そして1歳の子を持つ母として東京のスーパーマーケットなどで売られている食材は使えなくなってしまいました。

今まではオーガニックや低農薬、減農薬の安心・安全な食材にこだわってきたのですが、震災後からは「放射性物質に汚染されているかいないか」が食材を選ぶ際のトッププライオリティになりました。

政府が定める「食品の暫定基準値」(セシウム500bq/kg、ヨウ素2000bq/kg)は他国と比べると考えられないほどに高いものです。

政府や御用学者の決まり文句である「「ただちに健康に影響はありません」と言う言葉を鵜呑みにしていたら大切な家族を守ることが出来なくなってしまいます。

そんなこんなで宅配で放射性物質が不検出だった食材を購入し、福岡の実家からも食材を送ってもらう日々。

本当は政府がスパッと決断して東北や関東の農家の皆さんが作ったものを買い取り、輸入幅を拡大させ、国民の健康を守るのがベストだと個人的には考えています。

でも、それが行われないのなら自己防衛で内部被爆を防ぐしかありません。

特に乳幼児には本当に注意が必要で1ベクレルとも放射性物質が含まれる食品を与えるべきではないと思っています。

ゆーたん用の食材も出来れば海外、無理な場合は九州産のみをしっかりと厳選し、それにプラスして細心の注意を払いながら調理をしています。

みなさんご承知かもしれませんが、私が行っている食材の下処理法を少しだけご紹介させて頂きますね。

・野菜や果物はしっかりと洗い、皮をむいて使う。
・野菜は必ず酢水などでアク抜きをし、たっぷりの塩を加えた熱湯で下茹でをしてから使う。(セシウムやストロンチウムは水溶性です)
・魚は内臓に放射性物質が溜まりやすいので必ず内臓を除き、骨もしっかりと取り除く。(ストロンチウムは骨に溜まります)

ゆーたんのかかりつけのドクターともお話していたのですが、食材選びはこれからもっと厳しくなると思います。

Cimg1986

バナナを握ってお昼寝中のゆーたん(バナナ食べないくせに)。

現在仕事の都合でゆーたんを連れて福岡に来ていますが、こちらに来ると東京の張り詰めた空気が嘘のように緩やかな時間が流れます。

それでもやっぱり我が子を守ることが出来るのは親だけだと緊張感を持ちながら生活する日々です。

| コメント (1) | トラックバック (0)

きのことお弁当

新年の抱負もむなしくお正月のご挨拶からもう3週間が経過してしまいました。

大人の事情で先月から仕事を前倒しで頑張り、プライベートに割く時間がほぼゼロ。

ちょっと悲しい事になっていたのですが、実は今日から遅い冬休みがスタートしました。

「ゆーたんと遊ぶぞ~」と張り切って週末もがちっと予定を入れていたのですが、鼻かぜをひいてぐずぐずのゆーたん。

疲れているのかすぐに寝てしまうのでちょっと消化不良気味の母です。

でも、せっかくのおやすみタイムなのでその間にちょっと料理でも。

先日、宅配のお野菜セットに入っていたナバファームさんの特大椎茸。

Scimg1464

普通の椎茸(向かって左です)と比べると驚きの大きさ。

こんなに立派な肉厚椎茸はシンプルに調理するのが一番。

Scimg1468

グリルで焼いてちょっとお醤油を垂らしてステーキの付け合せにしました。

そういえば一緒に送られてきたのはこちらの生きくらげさん。

Scimg1461

生のきくらげを見るのは初めてでテンション上がってしまいました。

「何にして食べようかな~」とわくわくしながら冷蔵庫に入れておいたら、遊びに来ていた母憲子に切り刻まれ、ちゃんぽんの具になっていました。

炒め物にして丸ごと食べたかったのに…でも細切りにされてもぷりぷりのきくらげさんはかなりの存在感を放っておりました。

最近はゆーたんが歩き出し、一人遊びも上手くなってきたのでお菓子作りを復活させましたが、料理もやっぱり楽しい。

ちなみに私がレシピ監修をさせて頂いておりますOCNさんの【お弁当クラブ】のサイトにも日々のお料理に使えるアイディアがたくさん。

毎日お弁当を作っていらっしゃる方はもちろん、そうでない方も見ているだけで楽しいサイトですのでぜひご覧になって下さいませませ。

「今度生きくらげを使ってお弁当を作ってみよう」ふと思いつく今日この頃でした。

| コメント (2) | トラックバック (0)

久々のワックス掛けとホームパーティー

出産を機にお引越しをして早一年。

新築ですべてがピカピカだった我が家も育児に追われて次第に色褪せて来て…

人生最大のお買い物をした割に全然手をかけてあげていないことにふと気付き大反省です。

フローリングの床も数ヶ月に一度の簡易シートワックス掛けでその場しのぎ。

「うーん、どうしよう」と思っていたところにトレンダーズさんのご紹介でリンレイさんの「オール 床クリーナーシート」と「オール ワックスシート」をモニターさせていただきました。

Scimg1427

ワックス掛けの下準備はまずお掃除。

私は毎回クリーナーを片手に雑巾掛けからスタートします。

というのも、ウェットシートはすぐに洗剤液がなくなり、汚れが本当に取れているかどうか心配になるからです。

しかし、雑巾掛けはかなり重労働で抱っこでやられた腰には厳しいもの。

今回はオール床クリーナーシートを半信半疑で使ってみました。

「ベタベタしたり、ホコリがとれなさそう…」と心配していたのですが、日々の生活の汚れが見事に落ちてびっくり。

Scimg1428

トリプルシートで洗剤液をたっぷり含んでいるので約15畳の広さを拭くことができると聞いて納得。

ワックスワイパーもスムーズに操作できて「今までの苦労はなんだったんだろう…」と思ってしまいます。

そしてフローリングがきれいになったらワックスの登場です。

これまた力を入れずにあっという間の美しい仕上がり。

Scimg1430

このつるつる感が4ヶ月も持続すると言うのでかなり嬉しいです。

ゆーたんのお昼寝の間にちゃちゃっとワックス掛けが出来る点も魅力。

久々につるつるピカピカの我が家に感激です。

感激ついでにお友達をご招待して、妊娠中以来ご無沙汰していた1年7ヶ月ぶりのホームパーティーを開催しました。

Scimg1432

私の大好きなシェフがオア(ガチョウ)のテリーヌを作ってきてくださったので豪華過ぎるランチにゲストもわくわく。

育児中は中々外食が出来ないので、こうしておうちで美味しいモノを食べる事が出来るのは本当にシアワセです。

これで、美味しいワインも飲めたら言う事ないのですが、授乳中はガマンガマン。


Scimg1436


ちなみにオールワックスワイパーは普段のお掃除にも使えるので、毎日ベビーギャングと遊びながら楽しくお掃除が出来ます。

「これからも定期的にワックスをかけて自宅で美味しいモノを食べるぞー」と意気込むママhanacoでした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

鮭としめじの秋おこわ

先日、お友達が遊びに来てくれることになり、急遽ランチを作ることに。

冷蔵庫にあるのは塩鮭としめじ…ということでささっとおこわを作ることにしました。

シャトルシェフに登場してもらって、早速調理スタートです。

まずはうるち米ともち米を1:1の割合で合わせて洗います。

調理鍋にお米と水を入れて、30分ほど浸水させます。

その間にしめじは小房に分け、さっと炒め、酒と醤油を加えて少し濃い目の味付けに。

塩鮭はグリルで焼いて骨を除き、ほぐしておきます。

お米の浸水が完了したところで調理鍋を火にかけ、沸騰したら火を弱めて8分加熱。

保温容器に入れて15分以上保温します。

Scimg1365

あ、急ぎすぎて酒と昆布を加えるのをすっかり忘れていました…。

でも、炊き上がりはぴかぴかとふっくら美味しそうです。

ここにしめじと鮭を加えて、おしゃもじで切るように混ぜ合わせ、ふたをして15分程度蒸らします。

Scimg1368

お塩で味を調えて、鮭としめじの秋おこわの完成です。

彩りにどうしても緑が欲しかったので、夏の名残の枝豆さんも参戦。

もちもちの美味しさに感動しつつ、お友達にも喜んでもらえてほっと一安心。

現在、サーモス株式会社さんのシャトルシェフスペシャルサイトにて育児ママブロガーとして参加中です。

土鍋で炊くご飯も大好きですが、お手入れカンタンのシャトルシェフは忙しいママの強い味方。

Scimg1384

食後は福島の大好きなお友達が送ってくれた梨をいただくことに。

一見、普通の梨に見えますが…。

Scimg1385

なんとびっくりゆーたんの頭と同じくらいの大きさの「かおり」ちゃんは1個の重さが900g!

栽培方法がとても難しく、収穫量も少ないため「幻の梨」とも呼ばれているのだそうです。

とってもジューシーで食感も良く、まさしく理想の梨。

毎年、美味しく珍しい果物を送ってくれるお友達に感謝感謝です。

ゆーたんに梨をすりおろして食べさせましたが、どうも食感が苦手らしく…残念。

秋おこわと幻の梨でひとり食欲の秋満喫中のママhanacoでした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ソーセージ三昧

すっかり秋めいて肌寒くなってきた今日この頃。

先日、私がレシピの監修をしておりますOCNお弁当クラブにて、お弁当のレシピを作って下さっている一般公募のスタッフさんとの交流会がありました。

かなり久しぶりの講義にちょっと緊張。

OCNお弁当クラブ交流会!

でも、全国からお集まりくださったスタッフのみなさんと楽しい時間を過ごす事が出来ました。

お弁当作りに行き詰まった時はちょっとOCNお弁当クラブをのぞいてみて下さいね。

と、お知らせも終わったところで…

先日、近所で岩手の物産展が開催されていたので家族お出かけしてきました。

色々なブースが出る中、旦那さまが目をつけたのは「いわて蔵ビール」さんのオイスタースタウト。

「一関ミート」さんのハムステーキと共にオイスタースタウトを美味しそうに喉に流し込む旦那さまを横目で眺めつつ、かれこれ1年半もアルコールを断っている私は食に走り、ソーセージとベーコンをお買い物。

Scimg1392

ちなみに先日作ったフェィジャオンも「一関ミート」さんの荒挽きソーセージで作りました。

でも、私が一番好きな食べ方はやっぱりボイル。

Scimg1409_2

熱々のところをお友達に頂いた「関口フランスパン」さんのセサミブレッドと共にいただきます。

Scimg1410

お気に入りのタスマニア産ホットウィスキーマスタードも添えて。

授乳中で体重が増えないのを良いことに肉肉しい日々を送るママhanacoです。

Scimg1419_2

ベーコンは今が旬のオータムポエムと共にさっと炒めて夕飯のおかずになりました。

有機のオータムポエムは甘くてしゃきしゃきの美味しさ。

旨みたっぷり、カリッと仕上げたベーコンとベストマッチ。

来年はオイスタースタウトと共にソーセージ満喫したいと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

大人も美味しい離乳食

10月も半ばで秋本番の今日この頃。

最近は9ヶ月目に突入したゆーたんの離乳食作りに励んでおります。

と言っても、ちょっとアレルギーの心配があるとドクターに指摘されたので、ゆっくりのんびり離乳食。

私の離乳食作りはsimple is the bestで美味しいお野菜たちをコトコトと煮てすりつぶすだけです。

Scimg1358

ここでもシャトルシェフが大活躍。

有機のにんじんやじゃがいも、かぼちゃを一口大に切って調理鍋にポンポンと投入。

ひたひたのお水を加えて強火にかけ、沸騰したらそのまま5分加熱しますが、途中でキャベツも投入。

あとは火を止めて保温容器に移して15分程度待つだけです。

仕事上、農家さんとお話させていただくことも多く、有機栽培のご苦労を知り、妊娠前は「すべてが有機であれ」と言う主旨ではありませんでした。

でも、妊娠~出産を経て、かなりオーガーニック寄りの生活に…

周りから「よっ、親バカ」といわれてもなんのそので有機のお野菜にこだわる日々。

Scimg1355

じゃがいもとかぼちゃはすりつぶして、キャベツはミルミキサーに活躍してもらって完成。

食材にはこだわれど、調理法はカンタンお手軽でママには有難い限りです。

現在、サーモス株式会社さんのシャトルシェフスペシャルサイトにて育児ママブロガーとして参加しておりますが、シャトルシェフの保温調理ってやっぱり便利。

Scimg1331

にんじんは丁寧にとったお出汁でちょっとのばします。

にんじんの甘味とお出汁の旨みが良いバランスでついついママも食べちゃう美味しさです。

Scimg1240_3 

いつもは鰹だしですが、今回は母憲子が送ってくれたあじでお出汁をとりました。

長崎県雲仙市の小浜にある山口海産さんの乾物は間違いないです。

お出汁をとらずに炙ってそのまま食べるのもおすすめ。

Scimg1359

「おかあさんといっしょ」にかぶりつきのゆーたん。

いくらテレビから離してものすのすと近づいていき、毎朝親子の攻防戦が繰り広げられますがほぼゆーたんの圧勝。

つかまり立ちをする我が子を見て「立った~!」と拍手喝采を送るやっぱり親バカのママでした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

大好き玄米ご飯

初秋の香り漂う今日この頃。

と言いたいところですが、秋の気配を感じさせない暑さにエアコンで対抗する日々です。

実はエアコンは苦手なのですが、小児科の先生に「このご時世に自然な暑さで…なんて言ってられません!赤ちゃんは汗かきなのでエアコンでちゃんと温度調節してあげましょう。」と言われ、この夏我が家ではエアコンが大活躍。

ゆーたんはきゃっきゃきゃっきゃとはしゃいでいますが、ママは涼しすぎてこの夏だけで2度も風邪をひいてしまいました。

そんなこんなでせめてしっかり食べて栄養をつけなくてはと日々の食生活には気をつけています。

ご飯はもちろん玄米ご飯。

今までは炊飯器や圧力鍋で炊いて「ちょっといまいち…」と思いながら食べていたのですが、シャトルシェフで玄米を炊いてみたらあまりの美味しさに感動。

今回はふっくらもっちりおこわのように美味しい玄米ご飯をご紹介したいと思います。

Scimg1308

調理鍋に洗った玄米2カップと水3カップ、そして塩ひとつまみを加えます。

炊飯器で炊く場合はこのまま一晩浸水させますが、シャトルシェフでは1時間程度の浸水で炊き始める事が出来るのも嬉しいところ。

Scimg1309

ふたをして強火にかけ、沸騰したら保温容器に入れて30分保温します。

そして再度、調理鍋を取り出して火にかけ沸騰したら中火で5分過熱。

あとはまた保温容器に入れて15分待つだけ。

Scimg1311

もっちり美味しそうに炊き上がって嬉しすぎます。

圧力鍋を使うと高温により玄米のビタミンB群を損失してしまうと言われますが、シャトルシェフだと安心です。

Scimg1312

私はもともと玄米好きですが、玄米が苦手な方も美味しく食べられるのではと思います。

玄米を挫折して雑穀ご飯にシフトチェンジした旦那さまにもいつか食べてもらわなくては…。

現在、サーモス株式会社さんのシャトルシェフスペシャルサイトにて育児ママブロガーとして参加しておりますが、シャトルシェフの保温調理は子育て中のママにとっても嬉しい限り。

「いつも美味しいご飯をありがとう!」とシャトルシェフに感謝感謝の初秋の夜でした。

| コメント (2) | トラックバック (0)

夏の名残のラタトゥイユ

気付いてみるとあっという間に9月に突入でびっくりの今日この頃。

元旦生まれの我がベビゆーたんは今日から生後8ヶ月目に入り、ますます暴れん坊ぶりが絶好調です。

ころころと果てしなく転がり続けるゆーたんのお世話をしつつ、その合間を見て仕事をしつつで日々の家事に中々時間が取れないのですが、実はそんな私に強い料理の味方が。

Scimg1290

大好きなサーモスの真空保温調理器シャトルシェフさんです。

その名の通り、鍋を火からおろした後に保温調理をしてくれるのでゆーたんと遊んでいる間にお料理が出来てしまいます。

というわけで、今回は福島のお友達が送ってくれたお野菜でラタトゥイユを作ってみました。

Scimg1281

かわいくて色鮮やかなお野菜たちが勢ぞろい。

それぞれのお野菜を2cm程度の角切りにして、オリーブオイルで炒め、どんどんシャトルシェフに投入していきます。

Scimg1288

今回はこってりラタトゥイユが好きな旦那さまの為にベーコンを加えて、ナツメグを少々。

ちょっと贅沢にグラス・ド・ビアン(フォン・ド・ヴォーを煮詰めたもの)も加えました。

いつもは鍋を揺らしながら野菜の水分がとろりとしたソースと化すまで10分ほど煮込みますが、今回はシャトルシェフにおまかせです。

Scimg1289

色見もきれいなさっぱりラタトゥイユの完成。

半分は再度火にかけてもう少し煮詰め、濃厚ラタトゥイユにして2種のラタが出来ました。さっぱりラタトゥイユはランチのお供に、濃厚ラタトゥイユはワインのお供にという感じです。

シャトルシェフで調理するとお野菜も煮崩れないのが魅力。

実は9月1日より公開中のサーモス株式会社さんのシャトルシェフスペシャルサイトにて育児ママブロガーとして参加しております。

サーモス愛好家としては嬉しい限り。

育児中のお料理ってなかなか難しいものがありますが、シャトルシェフのおかげでかなりラクをさせてもらっています。

当分の間作る事が出来ないと諦めていたブラジル料理の定番フェジョアーダ(豆と肉の煮込み料理)もシャトルシェフにおまかせ。

根菜たっぷりのお味噌汁も保温調理でまさしくエコ・クッキング。

実はラタトゥイユもかなり久しぶりに作りました。

シャトルシェフに感謝感謝の今日この頃…。

「来年の夏にはワインが飲めるかな…」とぼんやり考えながら去り行く夏をラタトゥイユで惜しむ食べ盛りの母でした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

妊娠8ヶ月目と沖縄すば

雨模様の今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

私はといえばブログを放置して早4ヶ月…。

実は現在妊娠8ヶ月目のプレママとなりました!

妊娠2ヶ月目を迎えた頃からつわりが始まり、食べ物の気配を感じるだけで「うっ」となり、PCに向かうだけで「うっ」となり、自分の職業「フードスタイリスト」を口にするだけで「うっ」となり。

あまりのつらさに6月よりレギュラーで頂いていたお仕事は全て降りて、引きこもりの日々を送っておりました。

最終的にはお水も飲めなくなってスパークリングウォーターにお世話になり…でも、つわりで入院される方もたくさんいらっしゃるので、私なんてまだまだラクでしたがそれでも1ヶ月ちょっとで5kgも痩せてげっそりでした。

またこのつわりが意外と長く居座ってくれて、普段通りの生活が送れるようになったのは先月あたりからです。

そんなこんなでブログ放置の言い訳とさせて下さいませ。

現在は引きこもりの反動からか、ちょっとしたお仕事は請けたり、ひょいひょいとフットワーク軽くお出かけしたりとマタニティライフを満喫中です。

でも、妊娠前と確実に違うことはアルコールとタバコの匂いが一切ダメになってしまって、夜のお出かけがNGになってしまったこと…ううう。

そうは言いつつも、先週に沖縄から大好きなねーねが出張を兼ねて会いに来てくれたので妊婦生活最初で最後の夜のお出かけをしてきました。

そして、生涯でもらったことのない量のお土産を頂きました。

Cimg0428_2 

ふるんふるんでもっちもちの食感が嬉しいジーマーミ(ピーナッツ)豆腐。

Cimg0429

アグー豚のソーセージもあるんですね…。

Cimg0430

沖縄と言えば!の「ぬちまーす」です。

Cimg0433

つわりがあけた頃からずっと食べたかった沖縄すば。

Cimg0431

すばとセットのラフティまで持ってきてくれるなんて…さすがねーねです。

Cimg0434

ぷちぷちの生の海ぶどう。

Cimg0441

蓋を開けてみて、その量にオドロキです。

Cimg0432

ヘルシーなシークヮーサーゼリーはまだまだ酸っぱいモノが食べたい妊婦にとって有難い限りです。

他にも沖縄のDFSで購入してくれたお揃いの化粧品とか、みんさー織りのコースターとか、紅型のお扇子とかスカーフとか…空港で「食べさせたい!プレゼントしたい!」とふと思ってくれたらしく、「空港でこんなに買い物したの初めてー」って自分でも仰ってました。

そんなねーねの有難い気持ちに応えるべく、今日のランチはオキナワン。

Cimg0442

まずはぷちぷちの海ぶどうで沖縄の海を思い出してみます。

Cimg0443

大好きなジーマーミー豆腐…画像を見て気づきましたが、おろし生姜をのせるのをすっかり忘れていました。

Cimg0444

やっぱりメインディッシュは沖縄すばです!

プランターに植えてる芽葱を収穫にと思いましたが、本日大雨につき添付のお葱と紅しょうがで。

でも、ラフティも海ぶどうも入った豪華版です。
(早く食べないと、スープの熱で海ぶどうが見る見るうちにしぼんでいきますが…)

Cimg0445

沖縄の叔母が送ってくれたかれこれ5年もののこーれーぐす(島唐辛子の泡盛漬け)がありますが、妊婦なのでガマンガマン。

今回はブラジルで使われるピメンタ(唐辛子)入りのお酢にて代用。

ラフティの脂っこさをすっと流してくれてこれも美味です。

気持ち悪い毎日を送っているときに唯一つわりが和らぐ術があって、それは沖縄や福岡、アメリカ、ブラジルなど自分が住んだことがある土地の言葉を聞いたり、情報を得たりすることでした。

自分でも何故なのか良く分からないままに「CNN→沖縄の旅番組→BBC→福岡の旅番組→Jリーグ監督(ブラジル人に限る)のインタビュー」でホッと一息つく日々。

今は沖縄すばを食べるとホッとします。

でも、ブラジル料理は一切受け付けず…。

これから1月の出産までにどのタイミングでブラジル料理が食べれるようになるのか、今からちょっぴり楽しみです。

| コメント (11) | トラックバック (0)

おうちごはん in 福岡

つい先日、祖母に会いにささっと福岡に帰りました。

母憲子は元気に東京に遊びに来てくれますが、
今年で米寿を迎える祖母は中々そんな訳にも行かず。

年に2回の“はなこ帰省”が恒例になっています。

そこで、楽しみなのが祖母とのおでかけ。

母憲子から

「華子が帰ったあとにおばあちゃん3日ぐらい寝込んじゃうんだから…
おでかけ禁止っ。」

と毎回怒られますが、ついついお散歩に行っちゃいます。

そして、もう一つの楽しみは家族だんらんおうちごはん。

ということで、今回は稲井家(実家)のご飯をご紹介です。

Scimg0061_2

初日の夜は手前の前菜3種は帆立のオリーブオイル漬けと蛸のレモンマリネ、
祖母お手製の焼き豚です。
この日はお友達も呼んで賑やかにわいわいと楽しみました。

Scimg0062

次の日のお昼かな…胡麻を練りこんだ島原の手延べ黒胡麻素麺です。
母憲子の最近のお気に入りらしいです。

Scimg0111

母憲子はボランティアで海外からの留学生のみなさんにお料理を教えています。
この日のお題は切干大根とちらし寿司だったような。
切干大根にはすき昆布を入れるのが稲井家流だったのをふと思い出しました。
昆布のグルタミン酸と地鶏のイノシン酸で美味しさアップです。

ガラスのショーケースにずらりと器が並ぶ稲井家。

貧乏性の私としてはうっかり器の値段を聞いて卒倒しそうになりますが、

「どんな良い器も使わなくちゃ意味無いでしょ」

という母憲子の口癖に今更ながら納得。

目にも美味しいおうちごはん。

ごちそうさまでした。

| コメント (2) | トラックバック (0)